カテゴリー別アーカイブ: 情報アーキテクチャ

人が感動するようなプロダクトを作るには美しく見えるものや動作する以上のものを作る必要がある

アダプティブ・パス社とてもハイセンスなユーザーエクスペリアンス事業を進めるコンサルタント会社です。共同経営者の一人は「Ajax」の命名者であるジェシー・ジェームズ・ギャレットです。

同社が掲げる理念は、「優れた製品やサービスを通じて、人が感動するようなエクスペリエンスを設計するには、美しく見えるものやきちんと動作するものを作る以上の労力が必要となる」です。人が感動するものを作るには見た目以上の工夫が必要なのだと納得しました。情報アーキテクチャや情報デザインという分野についても同様の事が言えます。見た目の美しさが重要ではなく,情報組織化の美しさが重要だと思います。

アダプティブ・パス社(日本語の解説)

http://www.designit.jp/archives/2008/07/adaptive_path.html

アダプティブ・パス社(英語)

http://adaptivepath.com/

同社の推薦書リストもお奨めです。

http://adaptivepath.com/ideas/readinglist.php

広告

UPAの国際会議が3月に開催されます。

Usability Professional Association(UPA)主催の国際会議が2010年3月24日~28日にドイツのミュンヘンで開催されます。

Usability Professionals’ Association – International Conference

タイトルは、「文化の多様性を抱きつつ:世界へ向けてのユーザーエクスペリエンス」です。タイトルからするとユーザービリティも国際交流の到達点になっているかのようです。

ボランティア活動に参加すると、補助金等が出る場合があります。

使えるサイトを作る実践Webユーザビリティ

書籍 「使える」サイトを作る 実践・Webユーザビリティ

ウェブのアクセス向上には、コンテンツだけではなく、ウェブサイトの使いやすさが重要なファクターとなる。最近では、使いやすさやユーザ指向のデザインのことをユーザビリティと呼ぶ。このユーザビリティ技術を集約しているのが、「使えるサイトを作る実践Webユーザビリティ」という本である。この本自体もユーザビリティデザインに基づいており、分かりやすく、初心者にもやさしい読みやすい本になっている。

Webデザインの基本ルール

書籍 Webデザインの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック (Design Lab+ 1-3)

副題は、「プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック」とあるように、変化の激しいウェブ業界にあっても変わらない普遍の原理を丁寧に網羅的に説明している。初心者も中級者も分からない概念などを調べるにももってこいである。ある程度、コンピュータの知識はあるが、ウェブについての細かい点が分からない人にとっても詳細に無駄なく説明が書かれている。配色やサイト構造についても概要が書いてあり、手元においておく辞書のようにいつも使える参考書だ。

長く使える一品です。

第1回 SPARC Japan セミナー2009 「研究者は発信する-多様な情報手

イベント情報

第1回 SPARC Japan セミナー2009

「研究者は発信する-多様な情報手段を用い、社会への拡がりを求めて」

国際学術情報流通基盤整備事業 │ イベント情報 │ H21 │ 2009第1回「研究者は発信する-多様な情報手段を用い、社会への拡がりを求めて」

研究者や研究のメディア関係者、学生、教師等にとって組織に閉じこもるのではなく,どのように社会と関わっていくのかが問われる時代になってきました。