カテゴリー別アーカイブ: 未分類

データ・サイエンスとオープンソース

要約

データ・サイエンスとオープンソースデータを有用な情報に変換するためのオープンソース・ツールについて学ぶ。データ・サイエンスでは、データから価値ある情報を抽出することを目的として、数学とコンピューター・サイエンスを組み合わせます。データ・サイエンスとデータ・サイエンティスト。データ・サイエンスが使用されている分野。データ・サイエンスのためのオープンソース・ツール。データ・サイエンスの目的は、データ・セットから有用な情報を抽出することです。目下、データ・サイエンスを大量のデータに適用するためのシステムの構築に取り組むエンジニアと科学者が増えてきています。この記事では、データ・サイエンスという分野について紹介するとともに、データ・サイエンティストが現在使用できるオープンソース・ツールについても紹介します。データ・サイエンスとデータ・サイエンティストデータ・サイエンスは、データを収集することから始まります。収集の候補となるデータは、オープン・データの場合もあれば、内部ビジネス・プロセスから生成されるデータ 例えば、web サイト統計など の場合もあります。オープン・データオープン・データとは、誰もが必要に応じて使用できるように、データを無料で公開することによってデータを民主化するという概念です。データ・サイエンスは、ビジネス・プロセスとして捉えることもできます。O’Reilly 社の Mike Loukides 氏は、データ・サイエンスはデータを情報に変換するだけでなく、製品に変換することでもあると強く訴えています。データ・サイエンティストに必要なのは、コンピューター・サイエンス、数学、および統計学のスキルです。図 1 に、コンピューター・サイエンス、数学と統計学、および専門知識が交わり合う部分に、データ・サイエンスが位置する様子を示します。図 1. データ・サイエンスの主要な学問分野この完全なスキル・セットを持つデータ・サイエンティストは、特定の分野の専門知識と数学を駆使し、コンピューター・サイエンス分野の手法により データをマイニングして精製した情報にするアプリケーションを作成することができます。データ・サイエンスにおける考え方と手法は、他の多くの学問分野でも役に立ちます。データ・サイエンティストになることを目指していないとしても、データ・サイエンスのスキルは、自分のエンジニアリング・ツールの 1 つに加えておくと非常に有用なものになるはずです。上に戻るデータ・サイエンスが使用されている分野クラウド・コンピューティングと同じく、データ・サイエンスは急速に関心を集め、その採用が広まっています。google insights for search 自体も、データ・サイエンスが実際に採用されていた例の 1 つです。図 2. データ・サイエンスへの関心度に関する google insights for search のデータクローリング・ベースの収集であろうと、クリック操作などのユーザーの行動に基づいた内部収集であろうと データをオンラインで収集する組織内では、データ・サイエンスが瞬く間に不可欠な要素になってきています。Google、Amazon、Facebook、LinkedIn などの主要な web サイトはいずれも、それぞれのサイトで入手できるデータを活用するために独自のデータ・サイエンス・チームを設けています 参考文献を参照。Google による pagerank アルゴリズムの開発は、初期の頃のデータ・サイエンスの一例です。Amazon や Walmart などの大規模なオンライン小売業者では、売り上げを伸ばす目的でデータ・サイエンスを使用しています。web が持つ性質を利用した斬新なデータ・サイエンスの一例は、Bitly 社によるものです。上に戻るデータ・サイエンスのためのオープンソース・ツールコンピューター・プログラミングが 1 つの言語または 1 つの開発環境に縛られていないのと同じく、データ・サイエンスに関連付けられるツールやツール・スイートも 1 つだけではありません。データ・サイエンスは、オープンソース・ドメインの多種多様なツールによって促進されています。表 1. データ・サイエンスのためのオープンソース・ツールツール説明Apache Hadoopビッグ・データを処理するためのフレームワークApache Mahout Hadoop 対応のスケーラブルな機械学習アルゴリズムsparkデータ・アナリティクス用クラスター・コンピューティング・フレームワーク統計計算用 r プロジェクトデータ操作とグラフ作成が容易な言語環境python、ruby、perlプロトタイピングおよび本番用スクリプト言語scipy科学計算用 python パッケージscikit-learn機械学習用 python パッケージaxiisインタラクティブなデータ視覚化フレームワーク表 1 に記載しているのは、すべてのツールではなく、データ・サイエンティストのツール・ボックス内で中核となる要素を代表するツールです。hadoop がデータ・サイエンスにとって重要となる理由は、これが分散データ処理用のスケーラブルなフレームワークであるためです。データ・サイエンスで扱うすべての問題にビッグ・データの処理が必要となるわけではありませんが、インターネット規模のデータが関与する問題には hadoop が理想的なフレームワークとなります。ビッグ・データ・フレームワークにおける初期のデータ・サイエンスの一例には、google mapreduce フレームワークによる pagerank アルゴリズムの実装があります hadoop は、mapreduce の実装です。この 2 つのパッケージは、どちらもデータ・サイエンス・プラットフォームとして使用できるように python の機能を拡張します。上に戻るさらに詳しく調べてくださいデータ・サイエンティストの任務は、知識と経験の確固たる基盤の上に成り立ちますが、ツールもまた、データ・サイエンス分野の重要な側面です。データ・サイエンス分野も例外ではありません。データ・サイエンスは比較的新しい分野であるため、多くの新しいツール、データ・プロトコル、データ・フォーマットの開発が進められていることは、ほぼ間違いありませんが、データ・サイエンスでも他の多くの学問分野と同じく、ソリューションの種類の多さと内容の深さでリードしているのは、オープンソースのソリューションです。オープンデータ: ウィキペディアでオープン・データについての説明を読んでください。what is data science mike loukides 著、o’reilly radar、: データ・サイエンスについての優れた説明、そしてデータを製品に変えるという発想を読んでください。growing your own data scientists dan woods 著、forbes、: データ・サイエンティストの定義を調査している、データ・サイエンスの第一人者による連載記事です。

関連書籍

参考記事

データ・サイエンスとオープンソース
https://www.google.co.jp/url?q=http://www.ibm.com/developerworks/jp/opensource/library/os-datascience/&sa=U&ved=0ahUKEwjf3Oz08YDTAhVRNrwKHV_yALc4FBAWCEIwCQ&usg=AFQjCNE8KIqOQ3CvcK5jqhcMHIQBu5SVnQ

データサイエンティストの定義とスキルセットについて

要約

そろそろデータサイエンティストの定義とスキルセットについて本気で考えてみる – qiita。そろそろデータサイエンティストの定義とスキルセットについて本気で考えてみる。

データサイエンティストってなんだろう。掲題の通り、昨今色々と言われてるデータサイエンティストなる職業について考えてみる。業界にいてもこの職種はとかく定義が曖昧で、統一的な見解がない。なお、普段からデータサイエンティストについて考えている諸氏にとっては目新しいことは特に書いてないかもしれない。どちらかと言えば、データサイエンティストってどうやったらなれるんじゃい、もしくは流行りのデータサイエンティスト様を雇いたいけどどんな人採ればよいかのぅ って方々に見て欲しい記事なのでそのあたりはご了承願いたい。世間一般の見解を見てみる。とりあえず世の中に既にある有名な幾つかの定義の俗説を見てみることにする。”data scientist’ is a data analyst who lives in california”。カリフォルニアに住むデータアナリストをデータサイエンティストと呼ぶ。どっちも上手いこと言ってるようで、元も子もないという気もする。詳細は上記のリンクを読んで頂ければと思うが、要はハッキングスキル数学・統計学独自の強みの3つを備えたのがデータサイエンティストというわけだ。または、日本の専門協会が、データサイエンティストに必要なスキルを公式発表している。データサイエンティストの定義・スキルセット・スキルレベル。ワーディングはやや違うが、上記のベンダイヤグラムとよく似ている。その理由は次の2つだ。1 構造的でない。この記事では、この2つの問題を解決する形で、データサイエンティストのスキルセットを構造的に定義して見たいと思う。データサイエンティスト =マルチリンガル論。常々、データサイエンティストという概念はマルチリンガル多言語話者翻訳者に少し近いのではないかと考えていた。データサイエンティストは複数の異なる言語を巧みに操り、また言語間の翻訳が出来なければならない。ここで言っている言語とは、。・統計学/数式。などを指す。売上アップを目指せyoというが、それが具体的な数式やアルゴリズムとして語られることはない。統計家は難しい数式を扱うのが得意だが、それを現実のビジネスの出来事になぞらえて話すことが苦手だったりする。数式や数字の羅列をアウトプットしても、別の職種の人間は見向きもしない。もし仮に全てのプレイヤー計算機は除くががデータ分析やデータドリブンの重要性を理解していたとしても、上記のようなシチュエーションはよく起こるものだ。同じ日本語で話してるんだから通じるやろなどと思ってはいけない。立場が違えばそれぞれが使う言葉とその背後にある意味は全く異なる。この状態を打開するためにデータサイエンティストは存在する、というのがこの記事で論じたいデータサイエンティスト像の姿だ。それぞれの異なる言語の間を自由に行き来し、必要な場合は翻訳家となり、データ分析に関する一連のバリューチェーンを飛び回る便利屋となる必要がある。分析のバリューチェーンと読み書き。各プレーヤのセリフは多分に象徴化したかつ偏見を含んだものであり、各君子が日頃このような言葉ばっかりを発しているわけではない。図を挿入。ビジネスマネージャの期待に答えた内容になっていることも重要だ。使えるデータを精査し、悪さをするデータを除くなど実際に使うデータの範囲を決め、みる粒度について考え、必要であれば統計的なモデルを設計する必要がある。結果をどのような図表で見せるかも考えておかなければならない。エンジニアの人。分析家の考えた計算ロジックを実装する。計算インフラ。データ量によるが、計算リソースや並列化などのチューニングのために、インフラエンジニア的な知識を持った人材が必要になることもあるだろう。基本的にこれら全てのスキルを1人の人間に求めるのは、酷というかほぼ不可能に近い。それはさておき、ビジネスプロセスは書いて、つまり分析してその結果を読むプロセスが重要だし、かつ面白い。先ほどと同じように書くと下記のような感じだろうか。統計モデルを自分で組めなくても、入力したデータの構造とモデルの結果の読み方がわかっていればよい。kpiを設計するのは半人前でも、各KPIの数値を読み解き、ビジネス的な解釈と仮説の立案ができれば良い。大体この表で書きで2個くらいに強みがあり、それ以外は読みができるのであれば、データ分析プロセスに関わる人間としては十分強力なのではないかと思う。強調したいことは、。全部の分野を書ける必要はない。書けない言語も読めれば ・∀・イイ。先程も述べたとおり、英語だろうがレバノン語だろうが、読みは書きよりも易しい。無理にwriting/speakingまで行かず、reading/listeningできるようになることが第一。そして自分が書ける言語の会話であればよりイニシアティブを持って会話に参加すればいい。完璧なクアトロリンガルは無理だと思う絶望。でもバイリンガル + 2か国語 読み聞きできる程度ならなんとかなりそうだし、それでも結構役に経つから頑張ろうぜ。ってことです。PhD持ちで、spark,hadoop,sqlあたりは当然に使えて、pythonが分析のみならずプロダクトに組み込むアルゴリズムの構築レベルでかけて、統計モデルと機械学習の知識が豊富で、ビジネス経験が十分で、チームマネジメントに長け、コミュニケーションの高い人 募集みたいな馬鹿げたデータサイエンティスト求人がこの世からなくなりますように。enjoy。データサイエンティストに興味があるならまずこの辺りを見ておきな、って文献・動画のまとめ。http://。*エンジニアよりも統計学に優れ、統計家よりもエンジニアリングに優れた人種のこと*。***”the data science venn diagram”***。**一つづつ説明しよう。一般的に **書きのプロセスのほうが読みよりも難易度が断然高い** ことが多い。よって書きのスキルをフルスタックで持った人間を”データサイエンティスト”と定義してしまうと、この職種は**あっという間に詰んでしまう**。つまり言い換えれば、**名乗りたければデータサイエンティストを名乗っても良いんじゃね**ということだ。##終わりに。ツイートhik01074633contribution。人気の投稿 pythonでデータ分析するのに必要なツールのまとめ pythonで美しいグラフ描画 -seabornを使えばデータ分析と可視化が捗る その1 データサイエンティストに興味があるならまずこの辺りを見ておきな、って文献・動画のまとめ随時追加 python pandasでのデータ操作の初歩まとめ − 前半:データ作成&操作編 pythonでpandasのplot機能を使えばデータ加工からグラフ作成までマジでシームレスanization。

関連書籍

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=trubetzkoy-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=4798041084&linkId=dbca5d0463713a1e5f0416e5861c011a

参考記事

そろそろデータサイエンティストの定義とスキルセットについて本気で考えてみる – Qiita

データサイエンティストとはどんな職業?

要約

データサイエンティストとは、どのような職業なのかどうすればなれるのかライフハッカー日本版。スマートフォン。how i work。© mediagene inc.。lifehacker us/。メディアジーンサイト一覧。データサイエンティストとは、どのような職業なのかどうすればなれるのか。しかし、データサイエンティストは実際に何をしているのでしょうかまた、どうすればその職種につけるのでしょうかデータサイエンティストになるために知っておくべきことを、以下に記します。データサイエンティストとは、どのような職業なのか。facebookのアカウントにはユーザーの貴重な情報がつまっていることや、googleが個人についてのあらゆる情報を把握したいと意図していることは知られていますが、昨今では小規模なスタートアップ起業であっても事業戦略に転用するために、さまざまなデータを収集しています。しかし、多くの場合、企業が収集している生データは非常に乱雑なものです。データサイエンティストの仕事は、統計学、コンピュータサイエンス、データ分析を駆使して、膨大なデータを構造化しながら整理して、起業がデータを活用したアクションを起こすために必要な情報となるように、解析結果を導き出すというものです。データサイエンティストは、テラバイト単位のデータを解析している最中は、自分たちが何を探すべきなのかをまだ把握していないことがあります。しかし、ひとたび興味深いデータを見つけた時には、それがわかります。また、データサイエンティストは、発見した情報の意味を適切な表現で他人に伝える必要があります。通常の管理職は、データサイエンティストほどデータ分析の言葉に精通していないからです。要するに、データサイエンティストは、大量のデータを分析し、それらのデータを実行可能な事業戦略に変換するのが仕事です。このようなことから、データサイエンティストという職種の未来は明るく、安泰であると期待されています。データサイエンティストに必要なスキルは何か。データサイエンスは変化が急速で、分野としての明確な定義もないため、データサイエンティストが持っているスキルは多岐に渡ります。彼らのほとんどが統計学、データ分析、数学などの何らかの訓練を受けています。そしてほぼ全員が、データ保存、統計学、機械学習などに使用される言語特にpython、R、Hadoop、SQLなどによるプログラミングの経験を持っています。手始めに学ぶなら、データ解析において特に人気があるpythonが最適でしょう。また、MatLab、SAS、minitabなどの別のデータ分析プログラムを知っていれば、なお役立つでしょう。機械学習人工知能による学習や統計学、データ分析に関する知識のない人たちに、きちんと説明する能力も非常に重要です。データサイエンティストを志望するなら、現在取り組んでいる分野の内外を問わず、複数の分野における経験が価値を持ちます。データサイエンティストは、アプリ開発から確率論まで、異なる分野のさまざまなツールを使って仕事をする必要があります。多くのデータサイエンティストは、情報科学者か統計学者からキャリアをスタートし、仕事をしながら必要なスキルを身につけていきます。データサイエンティストは、収集したデータを扱いやすい形に変換し、筋道立てて説明できるようにした上で、その物語を他人に伝えるのが仕事です。最後に、adobeが発信するデータサイエンティストの生活を解説した1分間のビデオをご紹介します。データサイエンティストの仕事に関心がある方は、これを見たらきっと奮起することでしょう。pr,webサービス,スタディ,スポーツ・運動,健康 – by 三浦一紀like。データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 sb新書。次へ。hot entries。amazon sales top5。マイクロタップ 4個口。

関連書籍

参考記事

データサイエンティストとは、どのような職業なのか? どうすればなれるのか?

ハンググライダー2/11 一本目。南風

天気予報では、高気圧が来ていたが、昼頃風が強くて、行こうかどうか迷っていた。結局、来てみたら、二本飛べて、ラッキー。
何となく、緩いリフトがある感じ。
着陸場の風は南東だったので、東風アプローチで斜めにファイナル。
ランディングは、体が寝ているので、フレアをかけられず、膝でランディング。

フライチャート

フライチャート
フライチャート

大河が文明を作る

 先日、元大学教授から私の住んでいる町の地質の説明を聞いたところ、私の住んでいる町は平らな所に作られた町だと思っていたが、実は平らに見えていた町も実は起伏があることに初めて気がついた。トタン屋根のようにわずかに山と谷の部分があったのであった。谷の部分は昔の川が浸食した跡ということだった。今まで気がつかなかったが、そういう目で土地を見てみると、道は川の筋に従って作られていることに気がついた。人間は昔の川が作った地形など意識はしないが、その地形に従って道を作り、それに従って生活しているのであった。

 教科書によれば、文明が大河と関係あることは周知の事実であるが、私は自分の町の地形を見てから、文明と大河の関係に納得した。では、人間が大河を利用したのか。いや、そうではなく、大河が人間を利用したと考えたほうが正しいと思う。人間は地球の上で自分だけが偉いと思いがちであるが、実はそうではなく、我々の文明も大河によって運命づけられ、その大河に沿って人間が集まり、集落を作り、やがて町ができて、文明が生まれたのだ。我々は蟻のように大河の周りに集まって、大河のお陰で発展し、今の我々の文明が存在するのだと思う。

 中国には大河が二つあり、その一つにも揚子江文明があったのではないかと言われており、揚子江は何千年も中国の文明を支え続けてきた。中国では今、三峡ダムを造って揚子江の流れを堰き止めようとしている。それはまるで中国人自身が自らの文明の息の根を止めようしていると感じる。これからも、大河と人間社会の関係について看ていきたいと思う。