カテゴリー別アーカイブ: 書籍

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

統計学・データサイエンスの勉強法

ここ数年、私はデータサイエンスについて学んでいます。おすすめの学習資料を紹介したいと思います。

教師用の教科書と初心者用の教科書

私自身、データサイエンスを学ぼうとして色々なソースを試してみました。残念なことに、日本語の良い学習資料は見つけられませんでした。どこかのブログで読んだことがありますが、教科書は教師用と学生用の二週類があるそうです。一つめは内容が既に分かっている教師の為の教科書で、日本はこのタイプです。もう一つのタイプの教科書は自学自習を目的に作られているので、教師なしで学ぶできる教科書になっているということで、アメリカはこのタイプの教科書が多いです。私自身、他の文系・理系の教科書を探した時もアメリカの教科書の方が分かりやすく、その本だけを読めば分かるようになっていると同じ印象を持ちました。

オンライン教育(MOOC)

アメリカは科学教育に熱心であり、最近はやりのMOOCでも豊富なコースが無料で受けることができます。有名なのはCoursera, Udacity, EdXがありますが、私はもっぱらCourseraのファンなのでCourseraのコースを紹介します。

1. Machine Learning by Andrew Ng

Courseraの創設者の一人Andrew NGが講師で、ビジュアル的に板書で説明してくれるので、計算の理屈がよく分かりました。Courseraのコースの中で最も授業が上手だと思います。最近、完全に日本語字幕もついたので、かなり受講しやすいです。

2. Johns Hopkins 大学のData Specialization

これは9つのData Science関連コースが合わさったものですが、中のRoger D. Pengのコースがお勧めです。Rの基礎やデータクレンジング等について丁寧に解説してくれます。しかし、Brian Caffoのコースは説明が下手なので、お勧めしません。

お勧めのコース

R Programming 統計プログラミング言語Rの初歩

Exploratory Data Analysis データ解析の予備的解析やデータ探索

Reproducible Research データ解析手順を再現可能にするための技術(ドキュメント化やパブリッシング)

Getting and Cleaning Data データ解析前のデータの整形や洗浄

3. Social Network by Lada Adamic

ソーシャルネットワークやネットワークグラフに興味のある人は取ってみたら良いとおもいます。

4. Mining Massive Datasets from Stanford大学

私はまだコースを受講していませんが、かなりきっちりとカリキュラムが組まれているようです。

授業内容は書籍が出版されているようで、PDF版は無料で見ることができます。良質の教材を惜しみなく無料提供するというStanford大学の太っ腹さには驚かされます。
http://www.mmds.org/

Khan Academy と CK-12

Courseraとは別に高校や大学教養学部レベルのものであれば、Khan AcademyとCK-12を覗いてみるのもよいでしょう。Courseraでは説明が不十分な基礎的な知識はこちらの二つのサイトの動画を見て学びました。

カーンアカデミー(Khan Academy)は講義の動画がYouTubeに載せてあります。

Khan Academyのprobability and statistics

CK-12はあまり有名ではありませんが、 高校レベルの講義資料や教科書を無料提供しており、高校レベルで教えてくれるのでとても助かります。

CK-12のFlexBookという教科書は、PDFやepubで読むことができ講義画像へのリンクもついています。

CK-12の統計コース一覧

CK-12の統計学初歩の教科書

CK-12には他のレベルの統計学の教科書もあります。

書籍

小島 寛之 完全独習 統計学入門 ダイヤモンド社

統計学の初歩として数式を多用せず、分かりやすいのでお勧めです。

涌井良幸 多変量解析がわかる 技術評論社

著者は高校の先生なので非常に丁寧に説明してくれるので、多変量解析のことがよく分かるようになります。

Foster Provost 戦略的データサイエンス入門

過学習等、実際にデータ解析を行う際のノウハウが収録されている。

Steven Bird 入門 自然言語処理

自然言語処理の入門書。Pythonでの自然言語処理方法を収録している。

勉強会

TokyoR

東京で開催されている統計プログラミング言語Rの勉強会です。

一人で勉強していると周りが見えなくなることもありますので、一緒に学ぶ人を見つけるのがよいでしょう。他にも多くの勉強会があるので、探してみましょう。

英語の教材が多くなってしまいました。統計学やデータサイエンスを学んでいくと、やはり欧米の科学教育に対する層の厚さをひしひしと感じます。英語という障壁はありますが、その障害を補っても余りある学習効果があると思いますので、是非英語の教材にも挑戦してみてください。

「スペンド・シフト」:自分サイズの経済活動を

イケダハヤト氏が薦める「スペンド・シフト」という本を読んだ。この本を読んでイケダハヤト氏がめざす方向性が垣間見えた気がした。

この本の中では特にデトロイトでデトロイトを活性化させようとする食堂の人々の話に感銘を受けた。デトロイト言えば、産業化社会の輝かしい象徴であり、そして今は落ちぶれた工業都市としての象徴でもある。多くの人が逃げ出す廃墟の町で夢を持って町を活性化させようとする人々が居るのだ。

彼らは、デトロイトの悪い面ではなく、良い面に注目し、ビジネスを活性化させようと考えている。例えば、インフラが整っていることや家賃が安いことなど。多くの人々がグローバル化や不況に文句を言っている間に、何か自分に出来ることを探し、夢を持っている人が居るというを気づかされた。

世間ではグローバル化や不況等と騒いでいるが、この本を見ていて思ったのは、実は今まで(私を含めて)我々は何か過去の栄光を取り戻したいと考えるあまり間違った方向に進んでいるのではないかとということだ。デトロイトで言えば、つい我々はかつての自動車産業が盛んな時代のデトロイトを取り戻すことを夢見てしまう。しかしながら、デトロイトの復活は過去の栄光とは全く異なる形になるのではないかということだ。

我々はつい過去の栄光(自動車産業の発展など)を取り戻すために過去の成功の延長線上に次の成功があるかのように錯覚する。しかし、この本を読んで感じたのは、グローバル化や過去の産業主義的な成功の形とは全くことなる形態の成功を目指さなくてはならないのではないかと感じた。大資本が物を言う開発、でかい仕事、豪華ヨット、成金な豪邸など、それらを含めた過去の成功のイメージを払拭しなくてはならないと感じた。

この不況のデトロイトという町を全く違った観点で見るということだ。それはまるで、海を上から見たのと下から見たのでは、同じ海でも全く景色が異なることと似ている。海の上は荒れていても、海の底は静かで豊かな海洋資源が眠っているかも知れないのだ。

不況だ不況だと騒いでいても、そこに人が住んでいる限り、何かビジネスを始められるはずだ。まるで、未開の地を耕すような心構えが必要だ。その点では東京でだって何か出来るに違いない。そもそも日本人は戦後の焼け野原から立ち上がったのだから、その心意気でやれば、何でも出来るはず。ただ見方を変えなくてはならないのだ。

私自身も何か今まで大企業のあり方に自分を合わせようとし、過去の企業の姿をモデルになにかしようとしていたかも知れない。グローバル化に対抗しようと必死に抵抗していたのかもしれない。企業の担当者に雇ってもらうように英語を勉強したり、ITを学んだりしようとしていた。

私の今の仕事はIT系の仕事をしているので、IT技術の延長線上に未来の仕事を考えていた。しかし、私の場合はあまりITは得意ではない。だから無理をしてウェブを学んだり、プログラミング言語を学ぶのは私らしくないことに気づいた。(それでも多少は勉強するけどね)

私が得意なのは乗り物系のスポーツだ。以前は誰かに雇ってもらってスポーツしたら幸せだろうなと考えていた。しかしこの本を読んでから、小さくてもいいから自分の得意なものを生かして小さなビジネスをしようと考え始めた。

今のところ、二つぐらい実現可能なビジネスを考えている。今はハンググライダーのパイロットになる練習をしているので、いつかはタンデム(二人乗り)の資格を取って人々に空の冒険を体験させるビジネスをしたいと思う。それから、もう一つはクルーザーを借りてクルージングのビジネスをすることだ。子供たちを手伝わせてもいいし。この二つならば、私に手の届く範囲で一人でも始められるビジネスだ。しかも、私は操縦するのが好きなので、嫌にならずに続けられる。

自分の能力を活かせれば、それが一番いい。誰にも奪われないし、誰かも査定されないからだ。雇われるために必死で努力するのは疲れるだけだ。誰にも奪われない能力を行使して、それでビジネスを始めるのだ。それを少しずつ広げていけばいいと思う。

スポーツツーリズム

書籍 図解入門業界研究 最新スポーツビジネスの動向とカラクリがよーくわかる本

 スポーツツーリズムとは、スポーツを観光資源と考え、それをもとに新しい観光産業を立ち上げること。スポーツ資源とイベント観光情報、宿泊施設、観光交通が連携を図ることにより、新しい市場を開拓するのである。政府も観光業を支援しており、新しい市場として注目されている。

関連記事

生涯スポーツ:見るスポーツからやるスポーツへ – スピード冒険野郎の操縦席

渓流で遊ぶツアー – スピード冒険野郎の操縦席

天職ガイド

書籍 あなたのパラシュートは何色?

 「あなたのパラシュートは何色?」は、内容も広範囲で、面白い転職を探すための良いガイドブックだ。この本は、世界中でロング・ベストセラーとなっており、転職の激しいアメリカにおいてもよく読まれている本だ。

 一つの本なのに中身は七冊の本の内容が入っているように感じる。自分の適職を探すというテーマをコア(中心)に据えて、仕事探しのやり方、自営業のやり方、適職診断、面接法、天職等、章ごとに異なる切り口で転職(天職)を見つけるための丁寧なガイドブックとなっている。

 転職に関して常識と思われている固定概念を打ち砕くような内容も豊富に盛り込まれており、転職には非常に参考になる。巻末には、フラワー・エクササイズという夢の仕事探しの診断テストも付いている。

 普通の就職ガイドはどちらかというと事務系的仕事を中心に書かれているが、本書は、人間のスキルを以下のように三種類に分けていて、職種の範囲が広い。

 スキルは三種類。

 (1)肉体的スキル 物や自然に対し身体を使う

 (2)知的スキル データ・情報を対象に頭を使う

 (3)人間関係のスキル 人や動物の世話といった他者との関係を含む

 私も本書を活用して、本気で自分の天職を見つけたいと思う。

関連記事

あなたの天職がわかる16の性格 – スピード冒険野郎の操縦席

自分のやりたいことと得意なことが合致する場所を見つける – スピード冒険野郎の操縦席

Webデザインの基本ルール

書籍 Webデザインの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック (Design Lab+ 1-3)

副題は、「プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック」とあるように、変化の激しいウェブ業界にあっても変わらない普遍の原理を丁寧に網羅的に説明している。初心者も中級者も分からない概念などを調べるにももってこいである。ある程度、コンピュータの知識はあるが、ウェブについての細かい点が分からない人にとっても詳細に無駄なく説明が書かれている。配色やサイト構造についても概要が書いてあり、手元においておく辞書のようにいつも使える参考書だ。

長く使える一品です。

武道から学ぶ仕事人生論

武道に学ぶ「必勝」の実戦心理術―本番力・交渉力・自己演出力を磨く

この本を読むと武道を実践することによって、人生での戦いに勝つ能力が身に付くことが分かった。武道は人との戦いであるので、会社での人間関係は自分がいかに環境に対峙するのかを学ぶことができるのだ。そもそも武道は道という字がつくぐらいであるから、人生を修める哲学であり、それは自己との戦いである。本書では宮元武蔵の「五輪書」や武人の生き方から人生・仕事の哲学を語っている。