カテゴリー別アーカイブ: 書籍

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

統計学・データサイエンスの勉強法

ここ数年、私はデータサイエンスについて学んでいます。おすすめの学習資料を紹介したいと思います。

教師用の教科書と初心者用の教科書

私自身、データサイエンスを学ぼうとして色々なソースを試してみました。残念なことに、日本語の良い学習資料は見つけられませんでした。どこかのブログで読んだことがありますが、教科書は教師用と学生用の二週類があるそうです。一つめは内容が既に分かっている教師の為の教科書で、日本はこのタイプです。もう一つのタイプの教科書は自学自習を目的に作られているので、教師なしで学ぶできる教科書になっているということで、アメリカはこのタイプの教科書が多いです。私自身、他の文系・理系の教科書を探した時もアメリカの教科書の方が分かりやすく、その本だけを読めば分かるようになっていると同じ印象を持ちました。

オンライン教育(MOOC)

アメリカは科学教育に熱心であり、最近はやりのMOOCでも豊富なコースが無料で受けることができます。有名なのはCoursera, Udacity, EdXがありますが、私はもっぱらCourseraのファンなのでCourseraのコースを紹介します。

1. Machine Learning by Andrew Ng

Courseraの創設者の一人Andrew NGが講師で、ビジュアル的に板書で説明してくれるので、計算の理屈がよく分かりました。Courseraのコースの中で最も授業が上手だと思います。最近、完全に日本語字幕もついたので、かなり受講しやすいです。

2. Johns Hopkins 大学のData Specialization

これは9つのData Science関連コースが合わさったものですが、中のRoger D. Pengのコースがお勧めです。Rの基礎やデータクレンジング等について丁寧に解説してくれます。しかし、Brian Caffoのコースは説明が下手なので、お勧めしません。

お勧めのコース

R Programming 統計プログラミング言語Rの初歩

Exploratory Data Analysis データ解析の予備的解析やデータ探索

Reproducible Research データ解析手順を再現可能にするための技術(ドキュメント化やパブリッシング)

Getting and Cleaning Data データ解析前のデータの整形や洗浄

3. Social Network by Lada Adamic

ソーシャルネットワークやネットワークグラフに興味のある人は取ってみたら良いとおもいます。

4. Mining Massive Datasets from Stanford大学

私はまだコースを受講していませんが、かなりきっちりとカリキュラムが組まれているようです。

授業内容は書籍が出版されているようで、PDF版は無料で見ることができます。良質の教材を惜しみなく無料提供するというStanford大学の太っ腹さには驚かされます。
http://www.mmds.org/

Khan Academy と CK-12

Courseraとは別に高校や大学教養学部レベルのものであれば、Khan AcademyとCK-12を覗いてみるのもよいでしょう。Courseraでは説明が不十分な基礎的な知識はこちらの二つのサイトの動画を見て学びました。

カーンアカデミー(Khan Academy)は講義の動画がYouTubeに載せてあります。

Khan Academyのprobability and statistics

CK-12はあまり有名ではありませんが、 高校レベルの講義資料や教科書を無料提供しており、高校レベルで教えてくれるのでとても助かります。

CK-12のFlexBookという教科書は、PDFやepubで読むことができ講義画像へのリンクもついています。

CK-12の統計コース一覧

CK-12の統計学初歩の教科書

CK-12には他のレベルの統計学の教科書もあります。

書籍

小島 寛之 完全独習 統計学入門 ダイヤモンド社

統計学の初歩として数式を多用せず、分かりやすいのでお勧めです。

涌井良幸 多変量解析がわかる 技術評論社

著者は高校の先生なので非常に丁寧に説明してくれるので、多変量解析のことがよく分かるようになります。

Foster Provost 戦略的データサイエンス入門

過学習等、実際にデータ解析を行う際のノウハウが収録されている。

Steven Bird 入門 自然言語処理

自然言語処理の入門書。Pythonでの自然言語処理方法を収録している。

勉強会

TokyoR

東京で開催されている統計プログラミング言語Rの勉強会です。

一人で勉強していると周りが見えなくなることもありますので、一緒に学ぶ人を見つけるのがよいでしょう。他にも多くの勉強会があるので、探してみましょう。

英語の教材が多くなってしまいました。統計学やデータサイエンスを学んでいくと、やはり欧米の科学教育に対する層の厚さをひしひしと感じます。英語という障壁はありますが、その障害を補っても余りある学習効果があると思いますので、是非英語の教材にも挑戦してみてください。

ツイッターノミクス

書籍 ツイッターノミクス TwitterNomics

この本の原題は、The Whuffie Factor。ウッフィーとは、SNS内でユーザー同士から生まれる信頼や貢献度のこと。要するに、インターネット内で活躍すればするほど増えていく人気のようなもの。著者は、このウッフィーという概念をネット社会における流通価値と考えている。現実社会では、お金がものの価値を表しており、資本を握ったものが生産活動を行えるのである。つまり、これがいわゆる資本主義だ。一方、ネット社会では、ネット上での信頼感(?)が流通貨幣となる。著者は、このウッフィーという概念で、ネット社会の経済ルールを説明しようとしている。現実社会とネット社会のルールは異なっており、金は使えば、なくなるが、ネット上のウッフィーは使えば、使うほど増えるというまったく逆のルールになっている。広告戦略もまったく異なってくる。以前の資本を持っている大企業や国家が資本を使って(著者に言わせれば)がなりたてる広告は、ネット社会では通用しない。デル社の例のように、顧客の話を丁寧に聞いて、業務改善をすることでしか、ウッフィーを増やして、信頼感を増やすことしかできない。

この本は、まさにネット社会の経済学(?)を説明するまさに新資本論とも言うべき重要な本である。タイトルには、ツイッターという名前が入っているが、ツイッターだけではなく、ソーシャルネットワークが引き起こす情報革命に関する書籍である。

著者のタラ・ハントが紹介しているボージュ・オー・ショコラと手帳モレスキンのページはこちら。

ボージュ・オー・ショコラはおしゃれなケーキ屋さん

モレスキンは洗練された手帳。

関連記事:

スターバックスはフリーエージェントたちの溜り場 – スピード冒険野郎の操縦席

ネガティブな思考の癖をやめて、成功に近づく

書籍 たった3つのクセを直せば人生がうまくいく

 私もよく他人からも指摘されてしまうが、ネガティブな考えで行動するとうまくいかない。そんな悪い思考の癖を直したいと思って、本を探していたところ、まさにそのとおりのタイトルの本「たった3つのクセを直せば人生がうまくいく」を見つけた。

 著者が成功している人と失敗ばかりしている人を観察した結果、導き出した結論は、成功者は三つのネガティブな思考の癖をポジティブに変えているということだ。その三つとは、外的要因思考、言い訳思考、思考停止だ。この三つのネガティブな思考を変えていけば、成功するという。

 外部要因思考とは、問題の理由を自分以外のせいにしていしまう考え。言い訳思考は、言い訳してしまう気持ち。これは、誰にでもありますよね。

 とにかく、この三つの思考のクセをやめる方法を、例を挙げて丁寧に説明している。どれかひとつでも実践を続ければ、成功に近づくかも。

自信をつける方法

書籍 一生折れない自信のつくり方 実践編

 この本は、ブリタニカのトップセールスマンが書いた自信をつけるための様々な方法を書いたものだ。

 中でも、気になった箇所は、自信を持つことができる人間は親からきちんと愛された経験のある人だけだと主張している。私も最近そう思うようになってきた。人生で最初の重要な人間である親から認められることによって、子供は自信を持ち始める。自信とは自分を愛することだから、親から愛されていない人は、自分自身すら愛する方法が分からないのだと思う。といっても、親に愛されていない人でも、自信をつけていくことを目指せば、自信を持てるようになるとも著者は言っている。

 著者は自信を持つためには、遠回りだが、人に何かをしてあげるのも一つの方法だと主張している。この点については私は耳が痛く、なかなか実行ができていない。他にも沢山の自信をつける方法が本書には書かれている。

 自信をつけるのは、登山家が山に登るのと同じ事で、初心者がいきなりエベレストに登れるわけがない。本書では、自身をつけるのも、小さな自信を少しずつつけていくことを勧めている。自信をつけることにより、人生に対する態度が変わり、それにより成功を得ることができるのだ。

Web情報アーキテクチャ

情報アーキテクチャとは、図書館情報学を元に発展してきた学問分野で、情報をいかに整理するかということについての学問である。

インターネットによるウェブなどによる情報量の爆発的増加により情報の整理が必要となってきた。情報アーキテクチャは、ウェブだけを目的とするわけではないが、現状ではウェブ構築にはなくてはならない技術なので、情報アーキテクチャ=ウェブ構造と同義的に捉えられる傾向が見られる。

本書は、情報アーキテクチャのマニュアルとして網羅的に説明してあり、ウェブにかかわるクリエイターに必読書となっている。

見える化によるプレゼン能力

書籍 描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング

 社会の多様化が進み、それに従って仕事も多様化してきた。そのため、自分の仕事の内容と価値を外部の人に示す必要性が増してきた。

 私もプレゼン方法が分からず、困っていたので、良いプレゼンの本を探していた。心構えやグラフの書き方を説くものはたくさんあったが、仕事内容を明確化させるような良書は見つからなかった。ところが、偶然ウェブでダン・ロームの「描いて売り込め!ビジュアルシンキング」という本を見つけた。

 この本は、見える化をしているのだが、その原理は視覚心理学に基づいており、しかも初心者にも分かりやすく、ハンドブックのように整理されている。つまり、本書によれば、「見える化=プレゼン」ということだ。

 この本は、どこからでも面白く読めるし、一部でも使えるようになっている。常に本棚に置いて、事あるごとに引いて見るのが良いだろう。どんな分野のビジネスパーソンにも必読の書だ。