カテゴリー別アーカイブ: 天職

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

広告

自分のやりたいことと得意なことが合致する場所を見つける

書籍 才能を引き出すエレメントの法則

 ケン・ロビンソンの「才能を引き出すエレメントの法則」を読んだ。どうやって知ったかと言うと、TEDでの講演会を見て、感動したので、著書を見つけて読んでみたのだった。

 彼によると、人々には皆それぞれの創造性があり、自分のやりたいことと得意なことが合致する場所を見つけることで、創造性を発揮することができるとの事だ。自分のやりたいことと得意なことが合致する場所のことをエレメントと呼び、エレメントを見つける方法やエレメントを見つけた人々の話を紹介している。

 私自身もインターネット社会の到来により、各個人が自分の天職(ケン・ロビンソンの言葉ではエレメント)を見つけることが可能になり、経済的にも自立できると考えている。インターネットにより今まで出会えなかったマイナーなテーマに関心を持つ人々が出会えるようになった。しかし、日本では本当の意味でインターネットを活用し、自分探しに使えているとは言えないようだ。

 ケン・ロビンソンは、学校教育が創造性を殺してしまっていると主張する。現在の学校制度は、200年前に始まった産業社会の要求を満たすために作られたシステムなのだ。学校制度は、小学校、中学校、高校、大学というステップがあり、更に大学院、最終的には大学教授を生み出すシステムになってしまっている。だが、人口の全てが大学教授に向いているわけではなく、現在ではこの教育システムでは現在の社会の多様性には対応できなくなっている。ケン・ロビンソンらは、教育制度を改善ではなく、改革ということを掲げて運動を行っている。

 日本でも、小学校は時代遅れで、大学は幼稚園化しており、大学院は独自性を持たぬ博士を作り出している。日本でもエレメント探しを行う組織作りが急務であると思う。そうしなければ、才能を無駄遣いし、幸せになれない日本人が増えていくばかりだ。

講演ビデオ

TED 学校教育が創造性を殺してしまっている

TED 教育に革命を!

ケン・ロビンソンのユーモアたっぷりのTED講演ビデオを楽しんでください。

関連記事

天職ガイド – スピード冒険野郎の操縦席

好きなことを一生涯やり続ける

番組 三浦知良 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 この番組はサッカー選手の三浦知良、通称カズのドキュメンタリーだ。私はもともと若い頃のカズは嫌いだった。おそらく、もてはやされて威張っている感じだったからだろう。

 だが、番組を見ていて、カズに対する印象が180度変わった。カズは、代表落選という挫折の後、彼のことを誰も知らないクロアチアのチームに移籍した。そこで、彼は忘れられない運命の人と出会ったのだ。それは、35歳のベテラン選手のユーリッチだった。ユーリッチは年齢にもかかわらず、チーム内の誰よりも懸命に練習していて、カズはその姿を見て圧倒され、生き方を変えることになった。

 カズは、誰かが自分を必要としてくれる限り、一生涯サッカーをやり続けるといっている。カズ自身ももてはやされていた時代よりも、挫折した後のほうが本当の人生になったと語っている。

 サッカーのように走り回るスポーツで43歳を過ぎても頑張っているのは驚異に値する。私はカズに対する印象が一遍に変わってしまい、カズのことを尊敬するようになった。

多様性の時代

 巷では、漫画規制条例の議論がなされている。その中で性的描写の云々よりも子供たちに性教育を充実させようという考えもある。私もこの考えに賛成だ。

 この議論の本質は、個人(子供を含めて)が多くのモノや情報(コト)をどのように取捨選択し、選択する能力を身に付けさせるかということだ。

 20世紀は、産業革命から始まる大量生産・大量消費の時代であった。そこでは、国家や大企業という大組織が権威を揮っていて、個人個人の行き方も画一的だったと思う。理想的な労働者やサラリーマン(ホワイトカラー)のモデルが存在し、道は一つであった。サラリーマン(ホワイトカラー)が目指すのは、灯台を頂点とする学歴社会だった。生きる道は一本だけなので、区別するは上下の序列関係だけであり、国立と私立大学の違い、大企業と中小企業の違い、地方と都会などで細かな序列が決まっている。この序列関係は特に日本、韓国、中国で凄まじく、厳密に決定されている。その生き方の画一性の時代の中で、単一民族(実際は違うが)の日本はモノカルチャー的(単一文化で形成された社会)画一性を武器に成功したのも不思議ではない。

 時代は変わり、画一性のやり方がうまく機能しなくなってきた。しかしながら、東大を頂点とする学歴社会というかつての大きな道にいまだに多くの人々がしがみついているが現状だ。タイタニック号はもうすぐ沈むというのに!

 画一性の時代から多様性の時代に移行するのに必要なことは、個人がいかにモノ、コト、ヒトとの関係を有効に気づけるかということだ。最近、本屋で「断捨離」という片付けの本が人気なのも、モノとの関係が重視されてきている証拠だ。昔は、国家や大企業が与えてくれるものを黙って受け取っていれば、事足りた。しかし、現代は、自分自身を見つめ、自分に何が向いているのかを真剣に問い詰めなければ、生きていけない時代になってしまった。

 われわれが受けてきた教育とは、権威者が与えるものを従順に吸収することだった。自ら選択し、自らを知るという教育は受けてこなかったのだ。だから、自分で選ぶことを学んでいないのだから、いきなり、自分で選べと言われても困ってしまうのだ。この経済構造の変革期にわれわれ日本人は教育や成人のキャリアパス等どのように対処すべきなのか、熟慮する必要があると思う。

関連記事

自分との関わりの中から物を整理する – スピード冒険野郎の操縦席

天命を知れば、仕事への捉え方が変わる

書籍 人生に必要な荷物 いらない荷物〈2〉

この本は、前作の「人生に必要な荷物 いらない荷物」の二作目として出されたものだ。前作では、人生一般に焦点を当てていたが、二作目は仕事に焦点を当ててかかれた。

 各章の構成は、冒頭がタクシー運転手のやり取りになっていて、その後に天職を見つけた人々のエピソードになっている。著者は、乗車したタクシー運転手に仕事について質問や疑問を投げかけ、天職とは何か聞いて回っている。その結果、タクシー運転手というあまり人がやりたがらない職種であっても、様々な捉え方があることが分かってきた。教師、社会学者、人助けの仕事など人によって捉え方が異なっていた。もちろん、仕方なく運転手をしていて、仕事を嫌っている人もいた。

おそらく、著者が主張しているのは、自分の天命(天職)を見つけることができれば、自分がやっている仕事に対する捉え方が変わり、自分の人生の目標を達成することができるということではないだろうか。

著者の定義では、

成功とは

1. 自分の人生の目的を知り、

2. 潜在能力を最大限に発揮するために成長し、

3. 人のためになるような種をまくこと。

また、著者の意見では、成功とは結果のことはなく、成長のプロセスであるということだ。なかなか含蓄のある言葉だ。

ブログのタイトルを変更しました

ブログのタイトルを「43歳からのハローワーク」から「スピードスポーツ冒険家」へ変更してみました。前のタイトルは、年齢にこだわっているようなので、ストレートに自分がやりたいことをタイトルにしました。野外スポーツの普及、レジャー化、プロデュース、冒険などやれることに挑戦したいと思っています。もちろん、中高年期からの天職探しやキャリアチェンジなどにもついても書いていくつもりです。

自分のやりたい軸を見つける

書評 絶対ブレない「軸」のつくり方

 著者は、元金融マンでスポーツ業界で働こうと決め、様々な困難をくぐり抜けてきた人物だ。アポなしでアメリカのスポーツエージョンに会いに行き、事務所の前で座り込みまでして仕事を探そうとした。くじけそうになる低迷状態もあったが、最終的には、全く予想もしない方面からチャンスがめぐってきて、楽天野球団の創業メンバーとなる。

 本書の中で面白かったのは、自分のやりたいことを1000個書き出して、じっくり見ることで自分の本当にやりたいことが見えてきたということだ。1000個も出せば、共通性が見えてくるだろう。私の場合、100個ほどしか出せなかったが、「滑走するスポーツ」と「旅(冒険)」という軸が見えてきた。もう少し、やりたいことを書き出せば、もう一つの軸も見えてくるかもしれない。

 著者が主張するのは、決してやりたいことをあきらめてはいけないということだ。何か他の方法を考えたり、70%で良しとする非完璧主義を勧めている。とにかく小さな一歩からはじめることを奨励している。本書はやりたいことをいかに具体的に実現するかというレシピの詰まった本である。

関連記事

スポーツで夢をかなえる – スピード冒険野郎の操縦席