カテゴリー別アーカイブ: 大震災

スキー場で地震にあった

 東北関東震災の地震の時、私はハンターマウンテン塩原のスキー場にいた。スキー場で一人の幼稚園児のスキーの指導をしていた。そこでは震度6弱だったが、恥ずかしながら、私は気が付かなかった。私はその時、少し急な斜面を後ろ向きに滑っていて、子供のスキーを指導していた。たぶん、後ろ向きで斜面のでこぼこに気が付かないで、よろけた時が地面が揺れていたのかもしれない。自分が下手で地面のでこぼこでよろけたのだと思っていた。途中でスノボーのカップルが地震だと言っていたが、大したことないと思っていた。

 下に滑り降りてみると、大地震があったことを知らされた。停電でリフトが止まっていた。私もスキー場のスタッフなので、リフトが止まり、中吊り状態のお客さんを助ける準備をするように言われた。スキースクールのスタッフの何人かもゴンドラやリフトで宙吊り状態になってしまっていた。私も三分ほど遅かったら、宙吊りになっていただろう。パトロールの人たちが長い棒をもってリフトから人を降ろそうとしていた。

 30分ほど経った頃にやっとリフトの自家発電装置が働き、リフトが動いて宙吊りの人たちが戻ってきた。リフトで宙吊りの人達は凍えてしまって、文句を言っていた。結局、リフトの復旧の見込みはないので、営業修了とのアナウンスがあった。

 携帯電話もつながらず、メールしか送れない状態だった。この状態では家に帰ることができないので、スキー場の寮にもう1日泊まることにした。停電は直らず、夕飯もおにぎり二個を用意してもらった。家族と連絡が取れないので、いろいろとやったが結局だめだった。先輩と一緒に常勤職員の寮に泊まることにした。停電は直らないので、8時ごろ寝ることにした。朝の4:30頃に停電が直ったので、テレビを見たら、ひどい状況になっていることを知った。その頃には携帯電話が通じるようになっていたので、家族と連絡を取ることができ、とりあえずみんな無事なので安心したが、自宅もものが散乱しているとのことだった。

 朝、仕事の準備をしたが、今日はスキー場は営業しないと言われた。会社の方から帰宅するように言われた。私は、家族のことも心配だったが、途中帰宅難民になるのが心配だった。しかし、帰宅することにした。同僚のおじさんが那須塩原駅まで送ってくれた。ところが、那須塩原駅に着くと、駅員がいないで、営業しませんという張り紙をしてあるだけなので、どうしてよいか分からなくなった。このままでは帰宅避難民になってしまう!しかし、送ってくれた同僚のおじさんがとてもいい人で最終的に家の近くまで車で送ってくれることになった。家からも車で来てもらえて何とか家に帰ることができた。

 本当に今回の震災は大変だ。

被災地(名取市閖上)からのメール

ヨット関係者の友人からメールをもらいました。仙台在住者からのメールです。

是非周りの人に転送してほしいとの事で、ブログに掲載します。

あまり報道されていませんが、各地で暴動や略奪が起こっているとの事です。

地震そのものよりも地震後の被災民ケアの方が難しいのではないでしょうか。

[拡散希望]おねがいします。

*添付ファイル:吉田浜、花淵浜、小浜の状況

~~⊿~~~⊿~~~⊿~~~

仙台在住者からのメールです。

是非周りの人達に転送してください。

> —————————

>

> 心配をおかけしましたが、

> 生きてます

>

> 健康状態は

> 心身ともに

> 良好です

>

> 家族も家も車も

> 無事です

>

> 全国からの

> たくさんのメール、

> 電話、本当に

> ありがとうございました

>

> 今ある命に

> 心より感謝しています

>

> 今、私は残された人々の

> これからの命を守るために

> 名取市の

> 災害対策本部にいます。

>

> 被災地では

> たくさんの人が死にました。

>

> 津波で家がガレキになりました。

>

> そこから生き絶えた人間が

> たくさん出できます。

>

> ガレキの山のあちこちで

> 火災が発生しています。

>

> 車や船が横転した状態で

> 道路だった所に転がっています。

>

> 道路が地割れしています。

>

> ガソリンスタンドでは

> 常に100台の車が

> 列をなしています。

>

> 水がありません。

>

> 電気がありません。

>

> ガスがありません。

>

> 食糧がありません。

>

> ガソリンがありません。

>

> 赤ちゃんに飲ませる

> ミルクがありません。

>

> 寒さをしのぐ毛布がありません。

>

> 集団生活の感染症を防ぐ

> 消毒液がありません。

>

> 清潔なタオルもありません。

>

> すべての物資が

> 全く足りていません。

>

> 生死に関わる病気を抱えた人の

> 薬がありません。

>

> 市は対応に追われ、

> 組織が機能していません。

>

> 遺体安置所で再会できても

> 火葬場が無いため埋葬すら

> 出来ません。

>

> 毎日毎晩余震が続き

> 安心して眠れません。

>

>

> 避難所では家や家族を失った多くの人が寒さや飢えに苦しんでいます。気温が下がる

>

> と低体温症を引き起こしたり、エコノミー症候群などが発症し、医療機関が無い中、

>

> 胃腸炎が流行りだし、さらにはインフルエンザが発見されました。伝染すれば、お年

>

> 寄りや、栄養が取れず、免疫の弱まった人は亡くなるでしょう。地震や津波で命が助

>

> かっても、今まさにリアルタイムでこうした事態が起きているのです。

> また、福島原発の爆発により県内には絶望感が広がっています。テレビでの過大報道

>

> に惑わされ、誤報や情報の入れ違いで被災者は生きる気力を奪われています。

> 報道はあまりされていませんが、各家庭でため込んでいた物資が底をついてきて、各

>

> 地では暴動や略奪が始まっています。

> 友人の母親は精神が崩壊し、失踪しました。

>

> 被災者の心は限界にきています。

>

> みんな怯えています。

>

>

> 物資も、ガスも、

> 本当に辛いのはこれからです。

>

> そして人の心も。

>

>

> そんな中、

>

> ラジオやテレビで流れる

> 全国からよせられた

> 被災地へのメッセージが

> 生きる希望を与えています。

>

> 暖かいメッセージを聞いて

> 涙ぐむ人もいます。

>

> 私に頂いたメールの中に

> 「こっちでも節電してるよ」

> 「募金したからね」

> という方がいらっしゃいました。

>

> 心からお礼申し上げます。

>

> 本当に、そういった言葉が

> 今は一番の救いなのです。

>

> 現地の人間同士が話しても

> 出てくるのは

> 希望の無い話ばかりです。

>

> そこで、皆様につきまして

> もう一つだけわがままを

> 言わせてください。

>

> もしあなたが被災地に

> 連絡先のわかる方がいれば

> 電話やメールを

> 送り続けてください。

>

> 三日に一度や

> 五日に一度でもかまいません。

>

> 「今日も一日頑張ってね」

> 「笑顔が戻りますように」

> 「応援してるよ」

> など、一言でもかまいません。

>

> 「落ち着いたらまた遊ぼう」

> 「暖かくなったら

> 美味しいもの食べに行こう」

> など、未来のある言葉も

> 希望が持てます。

>

> とにかく、今

> 被災地のみんなに

> 一番必要なのは

> 「生きる希望」

> なのです!

>

> 元気そうに見えても

> 中身はみんなボロボロです。

>

> ・・・私も、

> 今でも

> すべての夢なんじゃないか。

> あの人も

> あの人も

> まだどこかで

> 生きてるんじゃないか

> と考えてしまいます。

>

> 毎朝毎朝、

> 起きるとやっぱり

> 夢じゃなくて

> その度辛くて、辛くて、

> 今日一日を乗り切れる

> 気が持てない時があります。

>

> それでも

> 全国からの

> メッセージを見ると

> 「まだ見捨てられてない」

> 「応援してくれる人がいる」

> と思えるのです。

>

> 今、被災地の方々に

> 光を送れるのは

> 皆さんしかいないのです。

>

> どうか出来るだけ

> たくさんの知り合いに

> 伝えてください。

>

> 被災地にエールを

> 送り続けてください。

>

> 被災者に希望を

> 送り続けてください。

>

> 本当に

> 本当に

> お願いします。

>

>

> 今、自分は歴史の証人として

> この地震の事実を皆さんに、

> そして後の世に発信出来るよう

> 出来るだけたくさんの物を

> 見て、感じて行こうと思っています。

> 目を覆いたくなるような事実が

> たくさんありますが

> それが、この場所で生き残った者の

> 使命なのでしょう。

>

>

> 私の町、名取市閖上の今です。

> 壊滅的な被害をうけた町の一つです。

> 動画は私の知り合いが昨日UPしました。

> 報道クルーが撮影したものではないので

> テレビではうつらないと思います。

>

> 是非、見てください。

> これが、目の前で起こっていることの全てです。

>

> 市役所のガラスに貼ってある紙は

> 全て安否確認のメッセージです。

> 「生きていたら連絡ください」

> 「○○です。私は無事です」

> 「○○さんの情報があれば

> ○○まで連絡ください

> 生きていて!」

> など、連絡手段のない被災者同士が

> 誰が見るかわからないメッセージを

> 貼り続けています。

>

> M9.0 Earthquake inJAPAN”YURIAGE”

> http://www.youtube.com/watch?v=A-lBQe4NqPY&feature=youtube_gdata_player

          • Original Message —–

>

> 友人が送ってくれた「頑張れ日本」のサイトです。

>

> http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc&feature=player_embedded

>

f:id:infoarchitect:20110317135443j:image:left吉田浜北岸壁

f:id:infoarchitect:20110317141745j:image:left花淵-セールヨット跡

f:id:infoarchitect:20110317141103j:image:left宮城外洋帆走協会ハウス

f:id:infoarchitect:20110317135847j:image:left漁協付近

f:id:infoarchitect:20110317145115j:image:left小浜

f:id:infoarchitect:20110317141914j:image:left小浜北側岸壁

f:id:infoarchitect:20110317143146j:image:left東北大艇庫跡

大震災のために自粛するスポーツ施設

 私が働いていたスキー場も大震災のために営業終了となり、通っていたハンググライダースクールも自粛で休業中である。とにかく、今日本のスポーツ競技場は自粛ムードだ。確かに被災した人が沢山いるのに、スポーツなどをやっていて浮かれるときではないと理屈も分かる。しかし、野球選手のように野球でしか社会貢献をすることのできない人はやはり野球をやるべきだと思う。高校野球だって大震災直後にやっているではないか。東北高校野球児たちが被災民を勇気付けているわけだし。節電のためにナイターをやらないからといって決して経済的には良いわけではない。電気を使っても多くの経済効果があるのであれば、やるべきではないか。本当の無駄を探すべきだと思う。

大震災の支援の輪がフランスにも拡大

 大震災の支援の輪がフランスにも広がっているようです。私が得た情報をお知らせします。

 ブルターニュ地方の首都レンヌ市は、40年前から仙台市と姉妹都市の提携をしていて、早速市役所前広場で2週末募金運動が行われ、2万ユーロも集まったそうです。

 パリ、ボルドーなどでも有志がチャリティコンサートを開いたり、来週はパリの大きな劇場でHelp Japanというコンサートが開催され、有名なダンサー、歌手、演奏家が出演します。

関連記事

被災地(名取市閖上)からのメール – スピード冒険野郎の操縦席