カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

今年の目標は「感じる」こと

今年の目標は「感じる」ことにしようと思う。もうかなり月日は過ぎてしまったけど...

私はハンググライダーの練習をしている。一所懸命やっているのだが、なかなかうまくなることができない。そこで、うまくなれない理由を考えてみた。いろいろな状況を思い出してみた。すると、いつも問題点を意識することが欠落していることに気づいた。つまり、「感じる」ことが不十分だからではないかということに思い当たった。

ハンググライダーのベースバーは操作するハンドルであるとともに、風の流れを感じるセンサーなのだ。私のような初心者は、つい力を入れて操作してしまう。だが、力を入れれば、入れるほど、風の流れを感じることはできなくなってしまう。

ハンググライダーの世界では、皮肉なことに女性の方がうまくなるという話がある。つまり、女性は、力がないので、無理な操作をしない。男性のようには力任せにコントロールしないので、感じることができる。だから、女性の方が上達が早いのだ。

ハンググライダーに限らず、「感じる」ことができなければ、自分の悪い所を直すことはできない。直せなければ、上達することは難しい。これは、自然の理だ。だから、まずは肩の力を抜いて、風を「感じる」ことが重要だ。「感じれば」、どこが悪いのかを修正するきっかけができる。

ハンググライダーだけではなく、人生においても、「感じる」ことは重要である。「感じる」ことが上達への最初の一歩である。だから、「感じる」ことを今年の目標にして行きたい。

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

自分にとって重要なことは三度行なう

 以前読んだ企業小説の中で、三度の拒否というのがあった。

 ある女性企業家が自分と同じように企業家を目指す女性を支援したいと考え、会合を開いた。たまたま、そこに居合わせたウェイトレスが興味を持ち始めた。彼女は自分の境遇に不満を持ち、何か変化を求めていた。そこへ女性企業家が現れ、彼女は一目見てこの人こそ自分を導いてくれる人だと直感する。女性企業家もそれとなくウェイトレスが見込みがありそうと感じ、それとなく視線を送る。ウェイトレスは思い切って、自分にアドバイスをくれるように嘆願するのだが、三・四度目でようやく女性企業家はOKをだす。三度の拒否がその女性企業家のモットーだったのだ。

 私は、最初この物語を読んでいた時、なぜそんな意地悪をするのか、なにを言わんとしているのか、理解できなかったか、今は何となく分かる気がする。何か自分にとって重要なことをする時に三度位はやらなければならないのだ。

 私は、とても面倒臭がり屋で、人と話をするのや、事務手続きで電話するのも嫌いだ。だが、好きなこと(私の場合アウトドアスポーツ)をやっていく内に、一度ではうまく行かないと事実に気づいてきた。

 人と話すのも面倒臭いので、話は早く済ませたいと思い、あせるし、何を話すかを考えるだけでも気力がうせてしまう。更に、私自身どこか放漫なところがあって、私がこんなに考えて話すのだから、相手が分かって当たり前と思ってしまうので、結局うまく行かないことも多かった。

 相手が人間であれば、最初の一回でトントン拍子に話がうまく行くなんて有り得ないことだ。相手は違う人間で、私という他人など眼中にないのに、私の要求を理解しているべきだという非現実的な期待をかけ過ぎていたのだと思う。

 とにかく、人間同士だったら、第一印象は当てにならないということが多かった。二度、三度とやり取りをしていくうちに一つの小さな仕事(作業)の意思疎通が出来てくる。最初の一回で意思疎通が図れるのは、初球ホームランのようなもので、滅多にあるものではない。

 「三顧の礼」という故事成語がある。劉備が諸葛孔明を迎えるために三度訪ねたという故事だ。

 劉備ほどの人物でも目下の者にサンド訪ねたのだ。この故事は非常に象徴的だが、我々にも通ずるところがある。私も人に対し上から目線で見ていたのではないかと思う。上からの目線ではなく、少なくとも横からの対等な目線で人と対応して仕事を進めるべきだということだ。

 ともかく、三度位は行なう心持ちで事に当たる必要があると思う。特に、自分にとって重要で好きなことならば、なおさらだ。野球でもバッターは三回までバットを振ることが出来る。三回目でヒットを打てれば、それで良いのだ。

フリーランスで働きながら、自分の夢を目指す

 アメリカでは、企業に雇われずにフリーランスで仕事を続ける人々が増えてきている。Elanceは、インターネット上で仕事を発注・受注するのをサポートする人気のサイトだ。

 Elanceのブログの中に「君の夢とフリーランスビジネスのバランスをどのようにとるか」という記事を見つけた。著者は、フリーランスのライターでスノーボーダーであり、仕事と夢のバランスを説いている。

 私自身もスピードスポーツを続けながら、どう生きていくかを模索中である。何とかして、スピードスポーツと生活することを両立できないか毎日考えている。

 これからの時代は、多くの人々がいかに自分の夢を実現しながら、(多少の)金を稼いで生きていくのだと思う。起業することに向いている人は企業家に、自営業が向いている人はフリーランスに。それぞれの方向があると思う。

参考記事は

How To Balance Your Dream With Your Freelance Business – Elance Blog

「スペンド・シフト」:自分サイズの経済活動を

イケダハヤト氏が薦める「スペンド・シフト」という本を読んだ。この本を読んでイケダハヤト氏がめざす方向性が垣間見えた気がした。

この本の中では特にデトロイトでデトロイトを活性化させようとする食堂の人々の話に感銘を受けた。デトロイト言えば、産業化社会の輝かしい象徴であり、そして今は落ちぶれた工業都市としての象徴でもある。多くの人が逃げ出す廃墟の町で夢を持って町を活性化させようとする人々が居るのだ。

彼らは、デトロイトの悪い面ではなく、良い面に注目し、ビジネスを活性化させようと考えている。例えば、インフラが整っていることや家賃が安いことなど。多くの人々がグローバル化や不況に文句を言っている間に、何か自分に出来ることを探し、夢を持っている人が居るというを気づかされた。

世間ではグローバル化や不況等と騒いでいるが、この本を見ていて思ったのは、実は今まで(私を含めて)我々は何か過去の栄光を取り戻したいと考えるあまり間違った方向に進んでいるのではないかとということだ。デトロイトで言えば、つい我々はかつての自動車産業が盛んな時代のデトロイトを取り戻すことを夢見てしまう。しかしながら、デトロイトの復活は過去の栄光とは全く異なる形になるのではないかということだ。

我々はつい過去の栄光(自動車産業の発展など)を取り戻すために過去の成功の延長線上に次の成功があるかのように錯覚する。しかし、この本を読んで感じたのは、グローバル化や過去の産業主義的な成功の形とは全くことなる形態の成功を目指さなくてはならないのではないかと感じた。大資本が物を言う開発、でかい仕事、豪華ヨット、成金な豪邸など、それらを含めた過去の成功のイメージを払拭しなくてはならないと感じた。

この不況のデトロイトという町を全く違った観点で見るということだ。それはまるで、海を上から見たのと下から見たのでは、同じ海でも全く景色が異なることと似ている。海の上は荒れていても、海の底は静かで豊かな海洋資源が眠っているかも知れないのだ。

不況だ不況だと騒いでいても、そこに人が住んでいる限り、何かビジネスを始められるはずだ。まるで、未開の地を耕すような心構えが必要だ。その点では東京でだって何か出来るに違いない。そもそも日本人は戦後の焼け野原から立ち上がったのだから、その心意気でやれば、何でも出来るはず。ただ見方を変えなくてはならないのだ。

私自身も何か今まで大企業のあり方に自分を合わせようとし、過去の企業の姿をモデルになにかしようとしていたかも知れない。グローバル化に対抗しようと必死に抵抗していたのかもしれない。企業の担当者に雇ってもらうように英語を勉強したり、ITを学んだりしようとしていた。

私の今の仕事はIT系の仕事をしているので、IT技術の延長線上に未来の仕事を考えていた。しかし、私の場合はあまりITは得意ではない。だから無理をしてウェブを学んだり、プログラミング言語を学ぶのは私らしくないことに気づいた。(それでも多少は勉強するけどね)

私が得意なのは乗り物系のスポーツだ。以前は誰かに雇ってもらってスポーツしたら幸せだろうなと考えていた。しかしこの本を読んでから、小さくてもいいから自分の得意なものを生かして小さなビジネスをしようと考え始めた。

今のところ、二つぐらい実現可能なビジネスを考えている。今はハンググライダーのパイロットになる練習をしているので、いつかはタンデム(二人乗り)の資格を取って人々に空の冒険を体験させるビジネスをしたいと思う。それから、もう一つはクルーザーを借りてクルージングのビジネスをすることだ。子供たちを手伝わせてもいいし。この二つならば、私に手の届く範囲で一人でも始められるビジネスだ。しかも、私は操縦するのが好きなので、嫌にならずに続けられる。

自分の能力を活かせれば、それが一番いい。誰にも奪われないし、誰かも査定されないからだ。雇われるために必死で努力するのは疲れるだけだ。誰にも奪われない能力を行使して、それでビジネスを始めるのだ。それを少しずつ広げていけばいいと思う。