カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

今年の目標は「感じる」こと

今年の目標は「感じる」ことにしようと思う。もうかなり月日は過ぎてしまったけど...

私はハンググライダーの練習をしている。一所懸命やっているのだが、なかなかうまくなることができない。そこで、うまくなれない理由を考えてみた。いろいろな状況を思い出してみた。すると、いつも問題点を意識することが欠落していることに気づいた。つまり、「感じる」ことが不十分だからではないかということに思い当たった。

ハンググライダーのベースバーは操作するハンドルであるとともに、風の流れを感じるセンサーなのだ。私のような初心者は、つい力を入れて操作してしまう。だが、力を入れれば、入れるほど、風の流れを感じることはできなくなってしまう。

ハンググライダーの世界では、皮肉なことに女性の方がうまくなるという話がある。つまり、女性は、力がないので、無理な操作をしない。男性のようには力任せにコントロールしないので、感じることができる。だから、女性の方が上達が早いのだ。

ハンググライダーに限らず、「感じる」ことができなければ、自分の悪い所を直すことはできない。直せなければ、上達することは難しい。これは、自然の理だ。だから、まずは肩の力を抜いて、風を「感じる」ことが重要だ。「感じれば」、どこが悪いのかを修正するきっかけができる。

ハンググライダーだけではなく、人生においても、「感じる」ことは重要である。「感じる」ことが上達への最初の一歩である。だから、「感じる」ことを今年の目標にして行きたい。

広告

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

自信をつける方法

書籍 一生折れない自信のつくり方 実践編

 この本は、ブリタニカのトップセールスマンが書いた自信をつけるための様々な方法を書いたものだ。

 中でも、気になった箇所は、自信を持つことができる人間は親からきちんと愛された経験のある人だけだと主張している。私も最近そう思うようになってきた。人生で最初の重要な人間である親から認められることによって、子供は自信を持ち始める。自信とは自分を愛することだから、親から愛されていない人は、自分自身すら愛する方法が分からないのだと思う。といっても、親に愛されていない人でも、自信をつけていくことを目指せば、自信を持てるようになるとも著者は言っている。

 著者は自信を持つためには、遠回りだが、人に何かをしてあげるのも一つの方法だと主張している。この点については私は耳が痛く、なかなか実行ができていない。他にも沢山の自信をつける方法が本書には書かれている。

 自信をつけるのは、登山家が山に登るのと同じ事で、初心者がいきなりエベレストに登れるわけがない。本書では、自身をつけるのも、小さな自信を少しずつつけていくことを勧めている。自信をつけることにより、人生に対する態度が変わり、それにより成功を得ることができるのだ。

イシューとは変革をもたらす本質的課題

安宅和人の「イシューからはじめよ」を読んだ。著者はマッキンゼーのコンサルタントや脳科学の研究者である。ビジネスと科学研究の両面から知識労働について関わってきた人だ。

私の理解では、彼が言うイシューとは、科学研究においてこのことが分かると科学全体が変化するような本質的課題のことだ。例えば、天動説に対する地動説や、ニュートン物理学に対する相対性理論のように今まで通説と考えらてきた理論を覆すコペルニクス的展開等を指す。つまり、パラダイムシフトを起こすような科学的革命のことだ。

ただ、一般人については相対性理論のようなだいそれた理論ではなく、何か常識を覆すようなものと考えたほうがいいだろう。ビジネスで言えば、新しい市場を開拓するという事かと思う。

私は多くの大学や研究所で科学研究?に関わってきたが、いつも分からないことが一つある。研究者が論文を書くためには誰も見つけていない何か新しいことを書かなくてはならないが、どうやってそれを見つけるのだろうかいつも不思議に思う。

私は大抵一人で考えているので、何か新しい研究テーマを見つけるのが難しいという経験をいつもしている。他の大学院生たちは教授の与えるテーマを受け入れ、さっさと論文を書いて、卒業していく。私はいつも何をやっていいのか分からず、迷うばかりだ。だが、なぜ、大学の教授たちは何かテーマを思いつくのだろうか。

論文のテーマはイシュー程レベルの高いものではないが、一応イシューの仲間なのだと思う。

自分では面白いテーマを面白いと思うセンスはあると思うが、自分でそれを発見することはほとんど出来なかった。一流の研究者が、プレゼンをすると面白いのは分かるが、なぜその人がその内容に気づいたのかがわからない。一流の研究者がそれを目の前に見せてくれば、それが素晴らしいことは分かるが、どうやってそこに到達したのかがわからないのだ。つまり科学の世界では見えてないのだ。私は科学に対しては出演者ではなく、観客なのだ。それは、スポーツはやらないけど、スポーツを見る人と同じだ。あくまでも観客なのだ。

あたり前のことだが、見えている人には見えているが、見えてない人には見えていない世界があるのだなあと思う。

アウトドアスポーツの問題点4 一般的認知度が低く、身内だけの閉鎖的社会

 アウトドアスポーツの各業界はかなり閉鎖的だ。

例えば、ヨットをやっている人は、親や知人がやっているか、偶然どこかでヨット部等に所属して、やり続けているというパターンしかないようだ。つまり、あまりにマイナーなスポーツなのだ。一版の人はヨットと出会う機会があまりに少ないので、やり始めるのは偶然の結果が多いのだ。

スキー業界でも、人材の流動性は少ない。スキースクールのインストラクターになるには、大抵の場合、コネで決まっている。大学生もインストラクターのアルバイトをするが、それもその大学のスキーサークルとスキースクールにコネがあるおかけで、学生たちはアルバイトの機会を得ることができるのだ。私の場合、インターネットでインストラクターの募集情報を見て、応募したが、私のようなケースは例外だそうだ。だから、コネなしでやってくると他のインストラクターに変な顔をされてしまう。誰もが誰かの紹介なのだ。人材の流れはコネでのみつながっている。

プロ野球などでも、球団の運営員はオーナー会社から出向されると聞いている。トヨタのレースチームのレーサーやチームスタッフも社員から選ばれるそうだ。だから、トヨタチームのレーサーになるにはトヨタの社員になるのが必要条件らしい。

一般の人向けに、催し物を開くが、結局やってくるのは関係者の知人が大半である。本当に知ってもらいたい人には中々来てもらえないのが実情だ。そのスポーツを知っている人は知っているが、知らない人は知る術がない。そのスポーツの存在すら知らないのだ。実際、私自身もレースカーがモータースポーツというスポーツの一種であることも知らず、不良や金持ちの息子がやる自分とは全く関係の無い世界のものだと思っていた。私だけが例外ではないだろう。それぐらい、アウトドアスポーツについての一般人の認知度は低いと思う。

「ハンググライダー」や「ボブスレー」等の単語でグーグル検索をすると墜落死や激突死などの記事がトップに来る。スポーツでの死亡事故は交通事故に比べて少ないのに、危ないスポーツのイメージのみが先行しているのである。

これからのアウトドアスポーツは、このあまりにも低い認知度をいかに向上させ、一般の人々に楽しさを分かってもらうかというが重要な課題であると思う。

 

関連記事

アウトドアスポーツの問題点1 会員制は広い顧客層を排除してしまう – スピード冒険野郎の操縦席

アウトドアスポーツの問題点2 道具や機体が高額 – スピード冒険野郎の操縦席

アウトドアスポーツの問題点3 競技志向からレジャー志向へ – スピード冒険野郎の操縦席

ネガティブな思考の癖をやめて、成功に近づく

書籍 たった3つのクセを直せば人生がうまくいく

 私もよく他人からも指摘されてしまうが、ネガティブな考えで行動するとうまくいかない。そんな悪い思考の癖を直したいと思って、本を探していたところ、まさにそのとおりのタイトルの本「たった3つのクセを直せば人生がうまくいく」を見つけた。

 著者が成功している人と失敗ばかりしている人を観察した結果、導き出した結論は、成功者は三つのネガティブな思考の癖をポジティブに変えているということだ。その三つとは、外的要因思考、言い訳思考、思考停止だ。この三つのネガティブな思考を変えていけば、成功するという。

 外部要因思考とは、問題の理由を自分以外のせいにしていしまう考え。言い訳思考は、言い訳してしまう気持ち。これは、誰にでもありますよね。

 とにかく、この三つの思考のクセをやめる方法を、例を挙げて丁寧に説明している。どれかひとつでも実践を続ければ、成功に近づくかも。

障害者×スポーツ×感動

 昨日、「勇者の鼓動」でエイベックスの三浦卓広氏の講演を聞いた。以前にエイベックス社長ブログを見たことがあり、とてもナイーブで、とてもまじめな社長という印象があった。三浦氏のエイベックスグループの仕事のやり方の説明を聞いて、さすがよく考えられている会社だと感じた(エイベックスアーチストの音楽は好きじゃないけど)。エイベックスは音楽産業から感動を創るエンターテイメント産業へ転換を図っているとのことだ。社長松浦氏の言葉で「ディズニーに似たものになる」という感じのがあったが、正に感動を創る会社だと感じた。パワーポイントの一枚一枚に感動創造企業のヒントがあって、一生懸命メモをした。本当に講座に参加していてよかった。

 音楽CD産業の衰退は、経済不況の例として挙げられるが、エイベックスも例にもれず、CDや音楽配信の売り上げ減少は想像以上だったと三浦氏は語った。しかし、エイベックスは音楽配信事業にのみに依存せずアーチストや芸能人のコンテンツ権利を保有して、それで稼ぐという事業展開を図ったため生き残ったのことだ。確かに音楽産業で20年間維持できたのは珍しいと言えよう。

 講演の本題は、三浦氏が個人的にスポーツを進めようとしたところに、会社で雇った障害者と出会った。次第に障害者スポーツで感動価値を想像するという方向に考え始めたという。障害者スポーツも実はよく見てみると健常者でもできるスポーツがあるので、それはスポーツの一つのカテゴリーとして見てもよいと思う。

 私自身40代でアスリートを目指している。エイベックスのような企業には障害者スポーツだけでなく中高年アスリートの支援などもやってもらいたいと思う。