カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

今年の目標は「感じる」こと

今年の目標は「感じる」ことにしようと思う。もうかなり月日は過ぎてしまったけど...

私はハンググライダーの練習をしている。一所懸命やっているのだが、なかなかうまくなることができない。そこで、うまくなれない理由を考えてみた。いろいろな状況を思い出してみた。すると、いつも問題点を意識することが欠落していることに気づいた。つまり、「感じる」ことが不十分だからではないかということに思い当たった。

ハンググライダーのベースバーは操作するハンドルであるとともに、風の流れを感じるセンサーなのだ。私のような初心者は、つい力を入れて操作してしまう。だが、力を入れれば、入れるほど、風の流れを感じることはできなくなってしまう。

ハンググライダーの世界では、皮肉なことに女性の方がうまくなるという話がある。つまり、女性は、力がないので、無理な操作をしない。男性のようには力任せにコントロールしないので、感じることができる。だから、女性の方が上達が早いのだ。

ハンググライダーに限らず、「感じる」ことができなければ、自分の悪い所を直すことはできない。直せなければ、上達することは難しい。これは、自然の理だ。だから、まずは肩の力を抜いて、風を「感じる」ことが重要だ。「感じれば」、どこが悪いのかを修正するきっかけができる。

ハンググライダーだけではなく、人生においても、「感じる」ことは重要である。「感じる」ことが上達への最初の一歩である。だから、「感じる」ことを今年の目標にして行きたい。

去年読んでインパクトを受けた本

去年読んでインパクトを受けた本。

1. 機械との競争 エリク・ブリニョルフソン

2.年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ モレッティ

1.も2.も労働に関する未来予測の本だ。両書とも、人工知能やロボットの発達により数十年後にはホワイトカラーやブルーカラーの仕事はことごとくなくなると予測している。テクノロジのーの進歩により人間にしかできない仕事のみが残る。人間にしか出来ない創造的な仕事か、あるいは人間を相手にするサービス業や介護士等のロボットが対応できない仕事のみが残る。
私はこれらの本を読んで、これからの社会に不安を感じている。しかし、周りを見回すと相変わらず、過去の価値観で動いていて、その未来への大変化に気づかない様子で、社会は動いている。
未来の社会に適応するには、子供の時から創造的な教育をする必要があると思うが、従来の学校教育や企業ではそのような準備ができていないように思う。まずは個人で少しづつ進めていくしか方法はないのではないかと思う。

3. ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2) ジュリア キャメロン

これも生き方に関する本だが、なぜか何度も読んでしまった。簡単に言うと歩くことや書くことで創造的に生きていこうと言う内容だ。私自身、創造的というものがどういうものかわからないので、これを読んで少しだけ創造性というものが分かったような気がする。私なりの解釈では、創造性とは椅子に座って創りだすものではなく、何か行動を起こすことの結果として発生するのではないかと思う。

こうして見ると私の興味の範囲は、働くこと、生きること、社会の変化、創造性だ。今年もこれらのことを追求していきたいと思う。

アウトドアスポーツの問題点1 会員制は広い顧客層を排除してしまう

 これから、私が一年間のアウトドアスポーツでの経験を通して感じてきたことを書いていこうと思う。あくまで、アウトドアスポーツ業界の外の人間として感じたことなので、正しいとか間違っているかとではなく、なるべく事実に即して述べて行きたいと思う。

 

会員制

 アウトドアスポーツでは会員制が一般になっている。ゴルフなどでは、やたらと高い会員券がまかり通っている。今では改善されているかもしれないが。これはバブル時代の社会的ステータスシンボルになっていたのだろう。ただボールを棒で打つだけなのに高い会員券を取るのは納得がいかない。お金が無くても才能のある人を排除してしまう結果になっている。

 クラブ側としては客を囲い込み、一定の収入を見込めるためにそのような制度を採り続けているのだろう。たしかに会員特典があってそれも魅力だが、会員になってまでやる価値があるのかどうか、私のような貧乏人には二の足を踏んでしまい、結局、考えるのが面倒くさいので、そのスポーツはやらないという選択肢を選んでしまう。一回しかやらない顧客ややってみようと思う顧客を逃すシステムになってはいないだろうか。

 ただし、会員制は保険制度などもリンクしており、いきなり廃止することもできないという事情もあるだろう。だが、保険制度が本当の問題であるならば、保険制度自体を変える努力が必要だと思う。

 会員制は、顧客へのかなりのスポーツをやり続けるモチベーションを要求するシステムだ。果たして、今の時代に顧客にその様なモチベーションの高さを要求することが可能なのだろうか。

関連記事

アウトドアスポーツの問題点2 道具や機体が高額 – スピード冒険野郎の操縦席

アウトドアスポーツの問題点3 競技志向からレジャー志向へ – スピード冒険野郎の操縦席

野球部の女子マネージャーがマネジメント

書籍 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

 先日、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本を読みました。高校野球の女子マネージャーがまじめに知の巨人ドラッカーの「マネジメント」を読んで、野球部を改革し、甲子園に行くという企業小説だ。

 面白くて、三時間ほどで一気に読んでしまった。所々ドラッカーの説明するマネジメントの原則を説明していて、とてもわかりやすかった。この本では、野球部という非営利組織(?)の目的や顧客を見つけ、野球部を経営していくというストーリーだ。

 面白かった点は、この小説の中では、女子マネージャーは決して会社の社長(野球部では監督)として描かれているのではなく、実際の女子マネージャーのように目立たない裏方として組織を活性化させる存在として描かれている。ドラッカーの中にもマネジメントを行うものは上司ではないようなことが書かれている。

 私は、ドラッカーを非常に尊敬し、ほとんどのドラッカーの書籍を読んでいたが、まだこの「マネジメント」だけはきちんと読んでいないので、これを機会に購入して読んでみようと思った。

マネジメント – 基本と原則 [エッセンシャル版]

鳥は自分が飛べると信じているから飛べるのだ

 どこかの啓発本で「鳥は自分が飛べると信じているから飛べる」という文章を読んで、どこかうそ臭いと思っていた。しかし、ハンググライダーをやっていて、実はその言葉は真実であると思うようになった。

 ハンググライダーは、大きな羽を担いで、人間が飛ぼうとするスポーツだ。ハンググライダーを始めた当初は、ハンググライダーという重い機体(25kgグラムぐらい)を担いで飛べるという感覚はなかった。

 まだ、平地なら怖くないのだが、練習を続けると、徐々に高い斜面から走って飛ぶようになる。だが、ここの高さまで大丈夫だが、ここより高くなる怖いという高さがある。もしこんな重い機体を担いで走ってこけたらどうなるのだろうと想像をする。こんな重いものを持って飛べるわけがないという考えがよぎるのである。やっとのことで恐怖心を克服して、斜面を走ると、少しだけ滑空状態になって体がふわりと浮く。こんな繰り返しをしていくうちに、機体への信頼?が芽生えてくる。つまり、この機体と自分の体で空中に浮くことができるということが理屈でなく、体感してくるのだ。つまり、飛べる(1mぐらい浮くだけだが)という自信がついてくるのだ。

 信じているから飛べるし、信じていなければ、恐怖心で体がこわばって結局のところ地面に激突してしまうのだろう。信じているということは、飛べる必要条件でもあるのだ。信じているから飛べるのか、飛べるから信じているのか、よく分からない。とにかく、飛ぶためには、信じていることが必須なのだ。

失敗にいかに臨むのか

書籍 「勝負強さ」を鍛える本

 この本は、失敗を恐れず、失敗に対処する方法を教えている。失敗は成功の源であり、失敗にどのような態度で臨むかが重要ということである。野球の打撃では、三回に一度ヒットを打てれば、大打者となる。人生において成功とは、多くの失敗(アウト)から数少ないヒットを打つということなのだ。だから、失敗することに慣れ、失敗から学ぶ習慣づけが大切だ。そもそも、投資と同じくリスク(失敗の可能性)を犯さなければ、リターン(成功の利益)もない。失敗したときにも、損失をいかに少なくし、回復する力をつけていく必要もあるのだ。

スポーツ文化を破壊する企業の不条理

一週間振りにハンググライダーショップに行くと、大変な事が起きていた。ショップの内装ががらんとしており、受付をすると、Iさんが独立したのでそちらで話を聞いてくれと言われた。

何が何だか分からず、周りの人に話を聞いたり、新しい独立したショップに行った。私が通っているショップは1年以上も経営難であるスポーツ会社から資金の援助を受けていた。ここに来て、買収となったらしい。

買収した会社はパラグライダーのみを扱うので、ハンググライダー事業はやらないので、喧嘩別れになったようだ。そこで主なスタッフが独立して、ハンググライダー事業を始めたようだ。

f:id:infoarchitect:20121026162945j:image

from Photo Pin

機体の保管は?シャトルバスはどこで乗るのか?機材は借りられるのか?スクールは継続されるのか?

我々お客たちはどうして良いか分からず右往左往していた。まるで、離婚したお父さんとお母さんのどちらについていいのか分からない子供のように。

買収した会社にスクールは継続するか聞くと、我々は関係ないから、新しいショップで聞いてくれ、というかなり横柄や態度。悲しい気持ちで教えられた場所へ行くと、借りたばかりの農家を利用して、新しいショップが出来ていた。まるで、家を追い出されたお父さんみたいな感じだ。

ハンググライダースクールの契約について聞くと、まだその点は不明確らしく、大学生と私と新しいショップの代表が交渉?しに行った。買収した会社の態度は頑で、かなり喧嘩腰での話し合いとなった。

結局の所、新しいショップがハンググライダー事業を引き継ぎ、飛ぶ事はできることになった。しかし、会社は分裂し、テイクオフ場とランディング場もパラグライダーとハンググライダーでは別々になってしまった。

おまけにショップの建物と講習場も買収した会社に取られてしまったので、おそろしく不便になってしまった。会社経営としては、パラグライダーの方が人口が多いので、利潤も多いので、ハンググライダーを切り捨てるのだろうが、あまりにもひどいやり方だと思う。

飛ぶ場所もあり、機材もあり、やりたい人がいるのに続けて行くのが難しいとは、やるせない気持ちだ。国も連盟も役所も誰も助けてくれないのだ(当たり前かも知れないが)。やりたければ、お前らで勝手にやれと言わんばかりだ。

新しいショップではスタッフではない人もいそいそと機材を片付けたり、無線機を持って走り回っていた。みんなハンググライダーを続けたいのだ。

私は毎年、職を失うという事を繰り返して苦い思いをしてきたが、会社が買収されるというのは初めて見た。そこでインストラクター、ドライバーのおじさんたち、スターター、受付の人、社会人のフライヤーたち、学生たちはどうなるのだろう。

今まで、楽しく空を飛んで、雑談をし、また空を飛ぶという。ただ、それすらも許されないのだろうか。企業の論理という不条理を感じた。