カテゴリー別アーカイブ: スポーツ一般

モータースポーツ用高解像度カメラ

 防水機能の付いた高解像度カメラが売り出されました。これなら、カーレースやハンググライダーのオンボード撮影に使えそう。

GoPro HD Motorsports HERO ハイディフィニション モータースポーツヒーロー CHDMH-001

関連記事:映り具合を見てください

製造会社のサイト

広告

ブレーブボードのホイール交換

ブレーブボードのホイールは後輪がすぐ減ってしまうので、交換しました。

f:id:infoarchitect:20131012203749p:image:w640

三台のブレーブボード。左が娘の、真ん中の小さいのが息子の、右が私のブレーブボード。裏にキックスケートもあります。

f:id:infoarchitect:20131012203748p:image:w640

新しいホイールと古いホイール。かなり減っています。こんなに減っているので、乗り心地が悪かったけど、交換したらとてもスムーズで楽しくなった。車のタイヤのローテーションと同じように、前輪を後ろに、後輪に新しいホイールを付けました。

好きなことを一生涯やり続ける

番組 三浦知良 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 この番組はサッカー選手の三浦知良、通称カズのドキュメンタリーだ。私はもともと若い頃のカズは嫌いだった。おそらく、もてはやされて威張っている感じだったからだろう。

 だが、番組を見ていて、カズに対する印象が180度変わった。カズは、代表落選という挫折の後、彼のことを誰も知らないクロアチアのチームに移籍した。そこで、彼は忘れられない運命の人と出会ったのだ。それは、35歳のベテラン選手のユーリッチだった。ユーリッチは年齢にもかかわらず、チーム内の誰よりも懸命に練習していて、カズはその姿を見て圧倒され、生き方を変えることになった。

 カズは、誰かが自分を必要としてくれる限り、一生涯サッカーをやり続けるといっている。カズ自身ももてはやされていた時代よりも、挫折した後のほうが本当の人生になったと語っている。

 サッカーのように走り回るスポーツで43歳を過ぎても頑張っているのは驚異に値する。私はカズに対する印象が一遍に変わってしまい、カズのことを尊敬するようになった。

秋用のジャンバーを買った

夏が過ぎ、少し寒くなってきた。秋のスポーツ用の服がないので、買いに行った。ダンロップ製品がセールをしていたので、ジャンバーとトレーナー買った。DUNLOP MOTORSPORTという文字が入っていて、思わず買ってしまった。アウトドアスポーツは、風から身を守るのが必要なので、ウィンドブレーカとして使おうと思う。

DUNLOP 裏トリコットブルゾン

渓流で遊ぶツアー

 先日、ガイアの夜明けという番組を見ていたら、面白いツアーの紹介があった。

 山の渓流を身一つで下ったり、滝からジャンプしたりという自然を楽しむキォニオニングというスポーツだ。ニュージーランド人が進めるスポーツで、村起こしとして非常に注目されている。

 日本には、日本人自身が気づいていない活用可能な資源(自然など)があり、これらを活用すれば、日本経済を活性化することは十分可能だ。人から仕事をもらうのではなく、自ずから仕事を作らねばならないと思う。このニュージーランド人がすすめるスポーツツーリズムは、経済活性化の方法として非常に参考になるであろう。

 私も、このようなスポーツを用いて人々が楽しめる事業を起こせたらいいなあ。

キャニオニング

ガイアの夜明け 夏山がよんでいる

リハビリのため、初めてトレーニングジムに行った

私は元々トレーニングジムのように室内で体を動かすのが嫌いだった。何か狭い部屋で黙々とやるのがつまらないと思っていたからだ。

しかし、右膝の半月板を損傷してしまったので、早く回復するためにはトレーニングと思い、行くことにした。

トレーニングルームにはトレーナーが居たので、私の怪我の症状を話すと、医者にかかっているのであれば、その医者の指示がなければ、メニューを勧めることはできないと言われてしまった。

リハビリのためにわざわざ来たのに、がっかりしたが、その施設はプールと風呂も一緒の料金で入ることができるところだったので、とりあえずプールに入ることにした。

何もやらないのももったいないので、プールでは歩行レーンがあったので、おばさんたちと一緒にゆっくり50分程歩いた。これで少しは血行もよくなるだろう。

その後、風呂にも入って休んだところ、トレーニングルームを通ると今度は違うトレーナーが居た。人が違えば、言うことも違うかもしれないと思って、二番目のトレーナーにも聞いてみた。

すると、こんどは最初と違って丁寧に教えてくれた。私のように半月板損傷していても、圧力をかけないでゆっくりと筋肉を鍛えればよいことが分かった。

トレーナーの指示通り、太ももの表と裏を鍛えればよいとのことだった。最初12kgぐらいから初めて10本2、3セットやった。余裕があれば、もっとやってよいので、20kg位の重さにしてもう4セットほどやった。

はじめてのトレーニングジムだったが、けっこうやればやるほど治っていく感じがして、面白かった。やりおわったら、何か歩くのも前より楽になった気がした。これから、暇な時があったらトレーニングジムに通って、早く足を直そうと思う。