カテゴリー別アーカイブ: スキー

30日目:今年の初すべり

猪苗代スキー場に行った。猪苗代付近の天気予報は雪だったので、滑るのには大丈夫だと思って直前にツアーの予約をした。ところが、雪が降りすぎて、高速道路が通行止めになってしまい、バスは高速道路を降りて、下の道路を走った。結局、到着予定時間は10:00なのに、着いたの1:30で3時間半も遅れた。本当は、長い時間滞在できるので、猪苗代スキー場を選んだのに、天候が悪く、スキー時間が減ってしまった。スキー場に居れば、雪が降っても大丈夫だが、雪が降ると交通渋滞で問題がおきるのだと思い知った。

猪苗代スキー場では、ロッカーが少なく、全部いっぱいになっていた。スタッフに相談したところ、レンタルスキーの場所で大きい荷物を預かってくれると言っていたが、行ってみるともう一杯でどこにも保管できなかった。仕方ないので、ロッカーの上に置いてすべりに出かけた。もっときちんとロッカーをそろえて欲しい。

それからどうも猪苗代スキー場の来客者のマナーが悪いと感じた。リフト待ちの時、平気でストックで私のスキー板の上をガンガン置いて、すいませんの一言もない。それにリフトに乗りながら、タバコを吸って、吸殻をリフトの下に捨てたりしていた。ハンターマウンテンでは一度もそういう場面を見たことないので、猪苗代スキー場の客はマナーが足りないなと思った。

去年はスキー場で震災にあったので、1年ぶりぐらいの久々だった。二時間半ぐいで約20本のリフトに乗って滑ったが、やはり最初は滑るのに慣れなかった。やっと慣れてきて、スピードを出せるようになったのに、もう帰らなくてはならず、残念だった。

ついにスキー板、ブーツ、ストックを買った

 神田のスポーツショップ通りに行って、スキー板、ブーツ、ストックを買った。何件か待っていたが、ふと入った店のご主人がとても熱心にブーツの説明をしてくれた。聞いてみるとブーツの専門家とのことなので、色々と話をした。

 足のサイズを測ってもらった。他の店ではそんなことはなかった。私は足が横広で、いつも大きめを買うので29.0cmのを買おうと思っていた。ところが、そのことを専門家に話すと、そんなのを勧めるのはおかしいと言った。私の足のサイズは26.5なので、27.5を勧められた。27.5だと少しきつく、28.0だとちょうど良かった。専門家曰く、普通の人は、履くときに立って具合を見るから、かかとの後ろ部分に空白ができ、滑った姿勢になると空いたかかとの後ろ部分にくっつくので、前部分に空白ができてしまうとの事だ。だから、買うときは足を滑る姿勢にして、ひざに体重をかけるようにしてブーツの具合を見るべきだといわれた。ブーツ専門家によると三日ぐらいすると緩くなるので、すこしきつめを買うように勧められた。専門家を信じて、少しきつめを買った。少し心配だったので、家で履きなおしてみるとぴったりになっていた。ブーツは、HEADのEdge Project HFというその店限定のものだった。五分ぐらい暖めてから、私が五分ぐらいブーツを履いて、型を取ってもらった。ブーツの具合を見てもらう五年保証付きだった。それに土踏まずの形を合わせるためにソールも買った。帰ってからもう一度履いてみるとぴったりになっていた。さすが専門家!

専門家の店はV3 Kadoya

ブーツはHEAD Edge Project HFで、この店の限定商品。

スキー板はHEAD ICON TT 10 TI

エーデルワイススキーリゾートで滑った

3/3にエーデルワイススキーリゾートに滑りに行った。着いてからはひたすら時間を惜しんで滑りまくった。コースはなんとなく初級・中級が多く、ファミリー向きの感じだ。

エーデルワイススキーリゾートの第1クワットリフトと第2クワットリフトはほとんど同じ場所から乗って、同じ場所で降りる。第2クワットリフトは混んでいるので、第1の方に乗っていたが、どうも第2と比べると遅い気がした。そこで、時間を計ってみると第1が10分、第2が5分で二倍もスピードが違っていた。私の様にひたすら滑りたいのであれば、とにかく速いリフトが良い。第2リフトは多少混んでいるが、待っている時間を勘定に入れても、第2の方が速い。だから、それを知ってからは第2リフトに乗って滑ることにした。

時間が惜しいので、用意してきたパンをリフトの上で食べた。ところが、パンが喉につまってとても苦しかった。6時間程で27本滑った。やっと慣れてきてスピードを出せる様になってくるともうおしまいだ。スキー場の近くに住んでいる人が羨ましい。

次の日は、疲れがでて、一日中眠っていた。もっと体を鍛えなくてはならないな。

6~9日目:スキーのインストラクターのアシスタントになった

 1/21からハンターマウンテン塩原スノーアカデミーでインストラクターのアシスタントとして非常勤で働くことにした。まだスキーが未熟なので、学んだ一分後に教えるというものすごい四日間だった。とにかく一日が一ヶ月に感じるくらい、刺激的で楽しい仕事でした。いままで、いろいろなアルバイトや仕事をしてきたが、これほど充実した経験はなかった。

 三歳から十二歳までのスキーは初めてという子供のクラスを担当した。子供の鼻水をかんであげたり、一人一人飴を口に入れてあげたりと、まさに保父さん的仕事もあった。へとへとになって疲れたが、最後に子供を親御さんに返すときに、子供が楽しかったと言ってくれたり、親御さんたちから感謝されるとやってて良かったと思えた。こんなに人に感謝されたことは今までなかった。

 毎日が発見と驚きの日々だった。学んで、教えて、楽しんでをすさまじく繰り返す貴重な体験だった。

カナディアン・スポーツ・ビジネス・アカデミー訪問

 先日、カナディアン・スポーツ・ビジネス・アカデミー(CSBA)を訪問した。CSBAは、カナダのウィスラーでスポーツ留学という形でスポーツを教える学校だ。スキー、ゴルフ、マウンテンバイク、カヤック等の夏、冬スポーツを合わせたマルチプログラムも用意しているので、年中様々なスポーツをやりたいという私の考えと一致したので訪問してみることにした。訪問の目的は、CSBAでインターン等で働きながら学べるかどうかを確認することだ。結果は、カナダ式の教授方法は実際に生徒として授業を受けてみないと教えることは無理なので、インターンとして働けるのは卒業生のみとのことだった。インストラクター等の資格を取ってからでないと難しいようだ。

皮のスキーグローブは固めを買うのがお勧め

 Reuschのスキーグローブを買った。100%皮にこだわったため、お金が無いのに結局18000円で店で一番高いものを買ってしまった。店員さんによると、100%皮のものは、最初使ったときは硬いが、使っていくうちに手にフィットしてくるとのことだった。ブーツもそうだが、グローブも最初は固めのものをかって、徐々になじませるのが基本のようだ。

f:id:infoarchitect:20110127102758j:image

Reuschスキーグローブ Racing Spirit REU10RS/WB

初めてジャイアントスラローム(大回転)のコースを滑った

 生まれて初めてジャイアントスラローム(大回転)コースを滑った。スタートのところが急斜面になっていて、怖かった。しかし、コースの滑りは最高に爽快だった。時間がなくて、三回ぐらいしか滑れなかった。もっと早くこのコースを知っていれば、良かった。次はもっと滑ろう。