GEのデータ・サイエンティストが語る「アウトカム=成果のためのビッグデータ分析」

要約

GEのデータ・サイエンティストが語るアウトカム=成果のためのビッグデータ分析。ビッグデータ分析、と聞くとありとあらゆるデータを収集し、とてつもないコンピューティング・パワーで総当たりして分析を繰り返す、などと想像して尻込みしてしまうかもしれません。しかし、GE Digitalのデータ・サイエンティスト、アレクサンダー・ロスによれば現状、ちゃんとタグ付けされて利用可能なデータは全体のわずか3%。ビッグデータという言葉は大きな可能性を漂わせているものの、現状では、データから価値を生み出す機会は限定的にしか存在していません。アレクサンダー・ロスGE Digital エグゼクティブ・ディレクター(データ・サイエンティスト)

ビッグデータの定義としてよく言われるのが3v、すなわち、ボリューム(volume:データ量)、バラエティ(variety:データの多様性)、ベロシティ(velocity:発生頻度)。データ・サイエンティストは、どのようにビッグデータ分析を行っているのでしょう?以下のような、3つの手法を組み合わせたハイブリッドな分析が有効だ、とロスは言います。しかし、インダストリアル領域におけるデータがまだ不十分なことや、過去に発生しなかった事象はデータがないため分析できないなどの弱点が。しかしその答えは、すでにお持ちのデータの中にもきっとありますよとロス。

お勧め書籍

参考記事

GEのデータ・サイエンティストが語る「アウトカム=成果のためのビッグデータ分析」 – GE Reports Japan

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中