データサイエンス – Wikipedia

要約

データサイエンス – wikipedia。データサイエンス。データサイエンスdata scienceとは、データに関する研究を行う学問である。データの具体的な内容ではなく、異なる内容や形式を持ったデータに共通する性質、またそれらを扱うための手法の開発に着目する点に特色がある。データサイエンスの研究者や実践者はデータサイエンティストと呼ばれる。データサイエンスの応用としては、生物学、医学、工学、社会学、人文科学などが挙げられる。歴史編集。データサイエンスという用語は古くから使われていたが、特に1960年にピーター・ナウアがデータロジーdatalogyという用語と互換な形で計算機科学を代替する言葉として使用したことで注目を集めた。1974年の著書”puter methods”において、ナウアはデータ処理手法とその応用を述べる中でデータサイエンスという表現を使用した。ビッグデータ。データマイニング。インクィジティブ・マインド:data science データサイエンス。title=データサイエンス&oldid=58451189から取得。

元記事

データサイエンス – Wikipedia

関連書籍

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=trubetzkoy-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01KXH8F0G&linkId=183792e3b40e49e3b1603d6ceec2f347

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中