統計学の興味は個別データではなく、集団に関する情報

以前、データジャーナリズムのイベントでジャーナリストと一緒に仕事をしたが、どうしてもデータに対する考え方の違いがあって、どうにもはっきりしなかった。しかし、量的研究エッセンシャルという記事を見て、自分の中のモヤモヤ感がはっきりした。

簡単に言うと、統計学・データサイエンティストは個別のデータに関心があるのではなく、個別データの背後にある一般的な仕組みや規則に興味がある。一方、ジャーナリストは個々のデータや事件に興味があるのだと思う。それで、両者のデータに関する考え方の違いでどうも通じ合えないのではないだろうか。

記事の内容をまとめてみた。元の記事を見たほうが分かりやすいかもしれないので、是非元記事をみるのをお勧めする。かなり丁寧に書かれた記事であり、更に連載記事なので他の記事も通して読んでみると統計学・データ解析の本質が分かると思う。

(要約)

量的研究での関心事は個別データの背後にある一般的な仕組みや規則を明らかにすることだ。

統計学では個別データは母集団という仮想世界から現実世界へ偶然に生じたものと考える。

データと説明可能なモデルとノイズに分けると確率的考えで変動をうまく説明できる。

量的研究の関心事は個別データではなく、集団に関する情報であり、個性はノイズとみなす。

世の中の現象は多数の要因が絡みあって生じるので予測は確率的にしかできない。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中