The Principlesl of Quantum Mechanics – Fourth Edition

書籍 The principles of quantum mechanics

 私が知る限り最も美しい本の一つである。量子力学の入門書であるが、量子力学というより、数学の本である。著者のディラックは、物理現象をとにかく美しく数学的に捉えようとしていた。この本は、量子力学で使われる数学的内容の本質のみを見事にディラックが書き記した最高の書である。量子力学という最先端の研究は変化の激しい学問であるが、この本は数十年も経った現在でも教科書として使われつづけている。まさに古典的名著と言える。私はこの本を読むたびに、数学の美しさと量子力学におけるものの見方の斬新さに心打たれる。日本語訳も出ているが、英語も簡単なので、是非とも原書で読んでいただきたい。

日本語版はこちら。

量子力学 原書第4版

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中