#53,54 ランディング時は目標を見ながら、ファイナルターンへ

もの凄い暑さだったが、二本飛ぶことが出来た。

1本目も見極めを行ったが、ランディング時のファイナルターンが低空過ぎてショート(目標に届かず、手前で着陸)してしまい、見極め失敗。

2本目は以下のことに注意して、ランディングした。

・ターゲットのブルーシートを常に見る様にした。

 ランディングでは、8の字飛行で高度を徐々に下げて行くが、その際にターゲットを見て、フライトパス(ターゲットまでの飛行ルート、5:1ぐらい)をイメージして、どのくらいの高度でファイナルターンになるかを決める。

・8の字飛行のエリアを定める。

 今まで、なるべくターゲットまで距離をとるため遠くの方で高度処理を行っていた。先輩によると、足尾山のS.E.T.茨城のランディング場の東風アプローチでは道路の上辺りがいいようだ。

この2つを意識して、2本目のランディングを行なった。少し高めのファイナルターンかなと思ったが、ほぼぴったりのターゲットの辺りに着陸することが出来て、見極め成功となった。

これまで、2回見極め成功したので、後1回成功すれば、無線誘導が取れて、次のステージだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中