#37,38 ランディング時ショート気味

先日、二本飛べた。もうそろそろフロータハーネスの見極めなので、二本目は見極めに挑戦した。見極めとは無線でのアドバイス無しで自分だけでランディングするということだ。

二本目は東風が強く、いつもの通りの高さで着陸場に侵入してしまった。すると、インストラクターからもっと高く侵入しなければ、ショート(着陸地点に届かない)するぞと、無線で言われた。アドバイスを受けた時点で、見極めは失敗。

ランディングとは向かい風に向かって降りるので、風が強い時は後ろに押し流させるので、通常の様に着陸地点に届かないのだ。インストラクターが田んぼに落ちるぞと警告した。ランディング開始地点には水を貼った田んぼがあるので、そのままだと泥だらけの田んぼに着陸してしまう。

スピードを出して、田んぼをこえろ!と指示が出て、目一杯バーを引き、速度を上げた。何とか水をたたえた田んぼを越え、乾いたランディング場に着陸することが出来た。

風が強い時は、高めに侵入するのだなあと実感した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中