野球部の女子マネージャーがマネジメント

書籍 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

 先日、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本を読みました。高校野球の女子マネージャーがまじめに知の巨人ドラッカーの「マネジメント」を読んで、野球部を改革し、甲子園に行くという企業小説だ。

 面白くて、三時間ほどで一気に読んでしまった。所々ドラッカーの説明するマネジメントの原則を説明していて、とてもわかりやすかった。この本では、野球部という非営利組織(?)の目的や顧客を見つけ、野球部を経営していくというストーリーだ。

 面白かった点は、この小説の中では、女子マネージャーは決して会社の社長(野球部では監督)として描かれているのではなく、実際の女子マネージャーのように目立たない裏方として組織を活性化させる存在として描かれている。ドラッカーの中にもマネジメントを行うものは上司ではないようなことが書かれている。

 私は、ドラッカーを非常に尊敬し、ほとんどのドラッカーの書籍を読んでいたが、まだこの「マネジメント」だけはきちんと読んでいないので、これを機会に購入して読んでみようと思った。

マネジメント – 基本と原則 [エッセンシャル版]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中