講習7日目:フォーミュラーカーにはバッテリーは要らない?

 第二走行目でスピンして、コースを外れてしまい、エンジンを止めてしまった。エンジンをかけようとして、セルを回したが、バッテリーがなくてエンジンがかからなかった。結局、レスキューカーのお世話になってしまった。

 ピットに戻ったときに、メカニックに「ちゃんと充電しておいてくださいよ」と言ったところ、「もっと上のクラスではバッテリーは積まないよ」と言われてしまった。つまり、スピンしても、クラッチを外して、アクセルで回転数を上げて、エンジンを停止させないのが、レーサーに求められているのだそうだ。

 バッテリーが充電されていないことが以前にもあったので、高い走行代を出して走っているのに、バッテリー不足でレスキューカーのお世話になって走行時間が減ってしまい、正直腹が立つことが何度もあった。しかし、この話からどうしてメカニックの人達はバッテリーをきちんと充電してくれないのか、納得がいった。でも、やっぱり充電してくれたほうが、沢山走れるのできちんと充電していて欲しいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中