講習6日目:機体をスムースに発進させる

 私は、インストラクターに発進時の体重移動に問題があると指摘された。発進時に足を持ち上げて走るので、機体の角度が動いてしまい、スタート時点からずれているため、そのまま揚力が起きずに滑空することができなくなっていた。

 ハンググライダーの機体を浮き上がらせるには、機体の上下左右のコントロールが必要だ。上下のロールによって揚力を調節する。基準の角度にすると浮き上がる。少し、上向きにすると減速となる。もう少し上向きにするのは停止するときだ。少し下向きにするとスピードが速くなるが、揚力が減るので、下げすぎると落下してしまう。

 とにかく、私の場合、発進時に機体の角度が動いてしまうのが、問題なので、発進時にゆっくり体重移動をしながら、機体の角度が変わらないように努めた。

 すると、機体のバランスがよくなり、風の状態が良いと少し浮き上がるようになってきた。やっと、機体バランスの感覚を掴みかけてきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中