茨城県、医療・福祉で活性化

茨城県の国勢調査データをネットワーク解析したところ、茨城県の隠れた活性化因子がみつかった。それは、医療・福祉の充実化である。

茨城県では税金収入元と納税者が分かれている。

税金収入の多くは都市部生活者から来ている。

しかし、納税者の多数は農村部に存在している。

つまり、都市部に住む少数の納税者が大部分の税金を収めている。

税金収入を増やすためには都市部の活性化が必要。

だが、茨城全体の経済を活性化させるには医療・福祉の充実化が最も良い政策。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中