沖縄、渡り鳥的生活からアジアの経済ハブへ

国勢調査データを元に沖縄の経済構造をネットワーク分析した。

沖縄、渡り鳥的生活からアジアの経済ハブへ (スライド資料)

沖縄は、1) 子育ての世界、2)学校中心の老人世界、3) 2つの世界をつなぐ移住性の渡り鳥的生活者の世界の3つに分かれる。

沖縄は転入と転出が多く、人的流動性の高い生活スタイルとなっている。

人的流動性を活かし、シンガポールのように人や物の流通のハブとなる政策が有効であるように思う。沖縄は新興国の中国と東南アジアの中心に位置し、アジア経済のハブとしての地理的条件も十分にある。アジアの経済ハブとして、空港、港湾等整備、税金の免除など政策が必要である。

英語版の記事はこちら

Okinawa, A Migratory Life Divided into Child-Caring Family and the Old

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中