映画ストーカーの長回しのシーンは、人類の歴史を表している

映画ストーカーの中で、プールの長回しのシーンがあるが、これは人類の歴史を現している。主人公ストーカーが見ている夢として表現されているようだ。

シーンの中には、家族(写真)、病(注射器)、金貨(貧乏)、科学技術(スプリング)、宗教(聖人の写真)、戦争(銃)が現れる。タルコフスキーは映像によって人類の歴史を表現しようとしたのだ。その意味が分かると、退屈なシーンではなく、人類の歴史をしみじみと感じてしまう。

D

関連記事

なぜタルコフスキーのストーカーが好きなのか – スピード冒険野郎の操縦席

映画ストーカーのコップは主人公三人の比喩 – スピード冒険野郎の操縦席

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中