映画ストーカーのコップは主人公三人の比喩

タルコフスキーの映画ストーカーの最初と最後にコップのシーンが出てくる。

ストーカーが眠っていると、椅子の上に置かれた振動して動き出す。しばらくすると列車の騒音がやってくるのだ。

最後のシーンでも、コップが現れる。ストーカーの子供がテーブルの上で三つのコップを眺めている。突然、コップが動き出し、一つは動かず、一つは縁のところぎりぎりでとまり、一つはテーブルから落ちてしまった。その後、列車の騒音がやってくるのである。

この子供に超能力があり、コップを動かしているという説があるが、私はそうではないと思う。この三つのコップは主人公三人の性格を現しているのだと思う。動かないコップは教授(不信感、冷静)、縁で止まるコップはストーカー(未来を見通す預言者)、落ちてしまったコップは作家(感情的、衝動的)を表している。この時の列車は、ハルマゲンドンのような災害や人災の比喩になっている。

映画の中でも予言者ストーカーは、幸福への道を示しているのに、民衆は理解してくれず、苦しんでいるのである。

まさに、三つのコップこそがこの映画のテーマを表しているのである。

D

関連記事

なぜタルコフスキーのストーカーが好きなのか – スピード冒険野郎の操縦席

他のタルコフスキーの映画

惑星ソラリス – スピード冒険野郎の操縦席

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中