情報アーキテクチャとは情報を見つけやすくすること(ファインダビリティ)

imajima

 かっこいいウェブや美しいウェブがもてはやされているが、そのデザインは実際には使う人のためになっているとは言いがたい。

 平成13~19年度のインターネットの流通情報量は35.7倍、消費情報量は1.9倍となっており、流通情報量はほとんど増えていない。

 情報はあふれかえっているが、探したい情報は見つけにくくなっている。情報を分かりやすく、見つけやすくする(ファインダビリティ)のが情報アーキテクチャである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中