弘法筆を選ばず、ではなく、弘法筆を選ぶ、である

 私は、英文タイプライターを使っていたこともあり、キーボードにはかなりこだわる。

 まず、かなキーで日本語を打つくせに、私は日本語のキーボードは嫌いだ。スペースキーは両手の親指で押すので、スペースキーが狭いと使いにくいからだ。日本語キーボードは、英文タイプライターのように両親指で打つという文化がなかったためか、いらないキーが多く配置されていて使いにくいのだ。

 私は、UNIXでVI(なんと古いエディターか。でもとても軽くて、どんなUNIXにも標準装備)を愛用しているので、どうしてもESCキーが左指の届く範囲にないと、作業が滞ってしまう。この点でも、日本語キーボードは、ESCの場所に漢字変換キーがあるので、どうしても使いにくくなる。

 だから、私は英語版のHappy Hacking Keyboard Professionalを愛用している。ESCの場所も、スペースキーの長さも十分で、なによりもキータッチは最高にいい。やはり、値段も24000円ぐらいなので、かなりの出費になるが、その価値は高い。

 よく使う矢印キーがついていないので、漢字変換がやりにくいのが、唯一の不満だろうか。その後のモデルでは、その点も改良されて、矢印キーが邪魔にならない位置に配置されたようだ。

 仕事でキーボードを使う人は、キーボードの種類にこだわるべきではないかと思う。よく映画で見かけるが、カーボーイが旅の途中で馬が死んでしまっても、馬の鞍を外して、担いでいくシーンがある。これは、馬は交換できるが、鞍は自分の体に触れる部分なので、交換が不可能なのだ。弘法筆を選ばず、ではなく、弘法筆を選ぶ、なのだ。キーボートもプログラマーが直接肌に触れる部分なので、もっと気を使うべきだと思う。

関連記事

高価でも良いものを買えば、長く満足が続き、結果的にはお得 – スピード冒険野郎の操縦席

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2

製造元PFUサイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中