尻で走れ。ハンドルはきっかけに過ぎない。

あるインストラクターからアドバイスを受けた。レースカーの後輪の感触を尻で感じて運転しろとのことだ。前輪のハンドルはきっかけに過ぎない、と。なるほど、車は高速で走っていたら、慣性の法則で道路を滑っているから、ハンドルで曲がりながら進むのではなく、ハンドルで滑る方向を決めて滑らすのだ。後輪は加速・減速させるため装置だ。これほど、レーシングの理論が奥深いとは知らなかった。ただ、早く走るだけなのに、いろいろなことを学ぶ必要がありそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中