人が感動するようなプロダクトを作るには美しく見えるものや動作する以上のものを作る必要がある

アダプティブ・パス社とてもハイセンスなユーザーエクスペリアンス事業を進めるコンサルタント会社です。共同経営者の一人は「Ajax」の命名者であるジェシー・ジェームズ・ギャレットです。

同社が掲げる理念は、「優れた製品やサービスを通じて、人が感動するようなエクスペリエンスを設計するには、美しく見えるものやきちんと動作するものを作る以上の労力が必要となる」です。人が感動するものを作るには見た目以上の工夫が必要なのだと納得しました。情報アーキテクチャや情報デザインという分野についても同様の事が言えます。見た目の美しさが重要ではなく,情報組織化の美しさが重要だと思います。

アダプティブ・パス社(日本語の解説)

http://www.designit.jp/archives/2008/07/adaptive_path.html

アダプティブ・パス社(英語)

http://adaptivepath.com/

同社の推薦書リストもお奨めです。

http://adaptivepath.com/ideas/readinglist.php

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中