ヒール・アンド・トウ

 コーナーでの減速後にギアを下げるが、回転数を合わせないと、スムースに走ることができない。コーナーでブレーキで減速した後に、ギアを下げるが、その際にアクセル少し吹かしてエンジンの回転数を上げ、ギア比とエンジンの回転数を調整する必要がある。

 そこで、ブレーキを踏みながら、アクセルを踏む技術が必要となる。もともと、ブレーキを右足のつま先(トウ)で踏んで、アクセルを右足のかかと(ヒール)で踏むので、ヒール・アンド・トウと呼ばれた。やり方は、もう一種類ある。ブレーキを右足の親指で踏み、アクセルを右足の小指側で踏むというのがもう一つのやり方だ。フォーミュラカーでは、後者が進められているとのこと。私の場合、二人のインストラクターから別々のやり方を教えられたが、後者のやり方を練習しようと思う。

 後者の方法のやり方の映像があるので、参考にしてほしい。

D

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中