ハーネスのテール保護ためのカバーを作る

新品のハーネスだが、まだ18回ぐらいしか使っていないのに、アスファルトで擦れたせいで、テール部分の布が切れてしまい、壊れてしまった。敗れた部分は太い糸を買ってきて、ハーネスの底にある板を外して、縫い直した。

このままではまた擦り切れてしまう。ハーネスのテール部分には保護用のベロ見たいのが付いているが、あまり役に立っていないようだ。先輩からアドバイスをもらい、自転車のタイヤから保護カバーを作ることにした。

f:id:infoarchitect:20120818232647p:image:w640

折りたたみ自転車のタイヤを切りとった。裏側にマジックテープを貼った。マジックテープのくっつく側とくっつかない側を間違えないように。

f:id:infoarchitect:20120818230557p:image:w640

タイヤの表側。

f:id:infoarchitect:20120818230558p:image:w640

タイヤの裏側。マジックテープを付けたところ。

f:id:infoarchitect:20120818231839p:image:w640

ハーネスのテール部分。タイヤを付ける前。

f:id:infoarchitect:20120818230559p:image:w640

ハーネスのテール部分。タイヤを取り付けたところ。

これでいくら引き摺っても大丈夫だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中