スポーツで夢をかなえる

書籍 ゆっくりあきらめずに夢をかなえる方法

 この本は、ボブスレーという日本ではあまり人気の無いウィンタースポーツでオリンピックに挑戦する桧野真奈美選手の成長物語だ。彼女がボブスレーを始めるきっかけはほんの偶然だったが、やり続けるに伴い好きになってきた。続けるのに伴って、手術、リハビリ、資金不足などの困難があり、それを乗り越え、人間的に成長していく姿が描かれている。

 ボブスレーは、2人か4人で乗るそりだ。氷上のF1とも言われ、速さは時速150kmに達し、事故も多い。リュージュという一人乗りのそりもあり、私自身もリュージュをやりたいと思っているので、大変参考になる体験記だ。桧野選手は資金獲得のために何百社も企業周りをし、罵倒されることもあり、つらい日々を通して、成長してきた。桧野選手に比べると私自身は百分の一程も努力していないことに気づいた。

関連リンク

好きなことを一生涯やり続ける – スピード冒険野郎の操縦席

桧野真奈美ブログ

長野県ボブスレー・リュージュ連盟

東京ボブスレー・リュージュ連盟

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中