ストーカーの映画は原作とかなり異なっている

タルコフスキーの映画ストーカーは、内容的に原作をかなり変えてつくっているそうだ。私としては、期待していたのだが、原作の方は、あまり面白くなかった。

原作:ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)

映画DVD ストーカー

私の映画評論についてはこちら。

なぜタルコフスキーのストーカーが好きなのか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中